精油 ラベンダー

Contents

ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)

ラベンダー・アングスティフォリアは、標高1,000m以上の高地に生育している、高さ20~100cmほどの常緑小低木です。
古代ローマ人は、入浴時に、ラベンダーを入れて香りを楽しんだといわれていることから、ラベンダーの学名「Lavandula」は lavo(洗う)に由来しているといわれています。
もうひとつは、花の色が lividus(青みがかった鉛色)に由来しているともいわれています。
ラベンダー・アングスティフォリアは「真正ラベンター」「イングリッシュラベンダー」「コモンラベンダー」とも呼ばれています。

基本情報

  • 学名・・・Lavandula angustifolia ssp. angustifolia
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・フランス
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉と花(花穂)
  • 注意事項・・・使用方法と使用量を守りましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(B・F)・・7
  • 五行・・・火、木

ラベンダー・アングスティフォリア精油の主な成分と作用

【主な成分】リナロール酢酸リナリルが主成分となります。

モノテルペンアルコール類: リナロール(30~50%)、ボルネオール

エステル類: 酢酸リナリル(25~45%)、酢酸ラバンズル

モノテルペン炭化水素類: オシメン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

ケトン類: 3-オクタノン

酸化物類(オキサイド類): 1.8シネオール

【主な作用】
鎮静、血圧降下、抗不安、鎮痙攣、神経バランス回復、鎮静、鎮痛、抗炎症、瘢痕形成(創傷治癒)、精神安定

ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)精油の効能

身体への作用

血圧を降下させる作用があります。痛みを緩和する作用があり、胃痛や、筋肉痛、神経痛、リウマチなどに良いとされています。

皮膚への作用

あらゆる肌タイプに幅広く使用できます。やけど、ニキビ、日焼けなどの皮膚の炎症や、かゆみ、虫刺されなどにも使用できます。

精神への作用

自律神経のバランスを整えます。精神疲労や不安からくる不眠に働きかけます。

おすすめブレンド

ほとんどの精油と相性がいいです。

心を落ち着けたいときには、ベルガモットとのブレンドがおすすめです。

ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)精油の主な使い方

様々な精油と相性がいいため、幅広く使用できます。芳香浴や、アロマバス、湿布、 フェイシャルスチーム 、ボディトリートメントなどに適しています。 アロマクラフトでは、スキンローション、石けん、虫よけスプレー、クレイパックの素材などに使用できます。
サシェなどの匂い袋やアイピローとしての素材としても使用されています。また、ハーブティーとしても飲まれています。

ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)精油はこちらから

ラベンダー・スピカ(スパイク・ラベンダー)

ラベンダー・アングスティフォリアに比べて背丈が高く、標高500m以下の低地に生育しています。同じラベンダーですが、ラベンダー・アングスティフォリアとは成分が違います。
「スパイクラベンダー」「野生ラベンダー」「ラティフォリア」とも呼ばれています。

基本情報

  • 学名:Lavandula spica
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・フランス、スペイン、ポルトガル
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉と花(花穂)
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中、乳幼児、高齢者、てんかん患者には使用を控えてください。皮膚刺激があるため使用量に注意してください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(B・F)・・・3

ラベンダースピカ(スパイクラベンダー)精油の主な成分と作用

【主な成分】リナロールと1.8シネオール、カンファーの含有率が高いです。

モノテルペンアルコール類: リナロール(35~50%)、α-テルピネオール、ボルネオール

酸化物類(オキサイド類): 1.8シネオール(15~35%)

ケトン類: カンファー(5~15%)

モノテルペン炭化水素類: α-ピネン、β-ピネン、リモネン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

【主な作用】

去痰、抗カタル、鎮痛、免疫刺激、瘢痕形成(創傷治癒)、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、精神強壮

※抗カタル作用とは・・・粘膜の炎症(鼻や喉など)で過剰になった粘液を溶解、排出させる作用のこと

ラベンダースピカ(スパイクラベンダー)精油の効能

身体への作用

1.8シネオールは、痰や咳、気管支炎に働きかけ呼吸器系によいとされています。カンファーは緊張性頭痛によく頭をすっきりさせます。

皮膚への作用

抗菌、抗真菌作用があるため、ニキビや脂性肌によいとされています。頭皮ケアにも適しています。ただし、刺激が強いため顔への使用は注意が必要です。

精神への作用

真正ラベンダーと比べて、すっきりとした香りのため、眠気を覚ましたり、活力を高めてくれます。

おすすめブレンド

ハーブ系、柑橘系、樹木系の精油と相性がいいです。

レモンとのブレンドは元気が出る香りです。

ラベンダースピカ(スパイクラベンダー)の主な使い方

芳香浴や、吸入、ボディトリートメント、ルームスプレーなどに適しています。

ラベンダースピカ(スパイクラベンダー)精油はこちらから

ラベンダー・スーパー(ラバンジン)

ラベンダーアングスティフォリアとスパイクラベンダーの交配種です。「ラバンジン」「ラベンダー・レイドバン」とも呼ばれています。

基本情報

  • 学名:Lavandula X intermedia clone super
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・フランス、スペイン
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・花穂
  • 注意事項・・・妊娠中は控えましょう。皮膚刺激があるため、敏感肌の方は低濃度で使用してください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(B・F)・・・3

ラベンダースーパー(ラバンジン)精油の主な成分と作用

【主な成分】リナロール酢酸リナリルが主成分となります。

エステル類: 酢酸リナリル(30~50%)、酢酸ラバンズリル

モノテルペンアルコール類: リナロール(25~40%)、ボルネオール

モノテルペン炭化水素類: cis-β-オシメン、trans-β-オシメン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

ケトン類: カンファー

酸化物類(オキサイド類): 1.8シネオール

【主な作用】

去痰、鎮痛、鎮痙、血圧降下、瘢痕形成(創傷治癒)、筋肉弛緩、抗菌、抗真菌、殺菌、精神安定、精神強壮

ラベンダースーパー(ラバンジン)精油の効能

身体への作用

呼吸器系に働きかける成分が、真正ラベンダーより多く含まれるため、すっきり感があります。運動後の筋肉の鎮静に働きかけます。

皮膚への作用

創傷治癒作用により、傷の治りを早める働きをします。敏感肌の方は顔への使用は控えてください。

精神への作用

ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)の方が鎮静作用は強いですが、ラベンダースーパー(ラバンジン)も鎮静作用をもちます。また、精神強壮作用もあるため、精神のバランスを調整してくれます。

おすすめブレンド

ほどんどの精油と相性がいいです。

オレンジスイートとのブレンドはリフレッシュ効果が高まります。

ラベンダースーパー(ラバンジン)の主な使い方

芳香浴や、ボディトリートメント、ルームスプレーなどに適しています。

ラベンダースーパー(ラバンジン)精油はこちらから

ラベンダー・ストエカス(フレンチ・ラベンダー)

ラベンターストエカスは、耐暑性の低木です。他のラベンターの花と比較すると、花穂が長く、2~5cm程になります。包葉が大きく幅が広いのが特徴です。
様々な種類があり、古くから地中海沿岸の地域で、薬用や化粧品として使用されてきたといわれています。フレンチラベンダーとも呼ばれています。

基本情報

  • 学名・・・Lavandula stoechas
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・フランス、スペイン
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・花穂
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中、乳幼児、高齢者、てんかん患者には使用はしないでください。他のラベンターとは含有成分が異なり、ケトン類が主成分になります。他のラベンダーとは使用方法が異なるため注意が必要です。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・1

ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)精油の主な成分と作用

【主な成分】ケトン類の含有率が高いです。

ケトン類: フェンコン(25~50%)、カンファー(15~40%)

酸化物類(オキサイド類): 1.8シネオール(1~15%)

モノテルペン炭化水素類: カンフェン、α-ピネン、リモネン

エステル類: 酢酸ミルテニル、酢酸ボルニル

【主な作用】

去痰、抗カタル、粘液溶解、抗菌、抗真菌、抗炎症、細胞成長促進、瘢痕形成(創傷治癒)脂肪溶解、精神強化、精神高揚

ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)精油の効能

身体への作用

呼吸器系の疾患や、むくみに働きかけます。

皮膚への作用

刺激が強いため敏感肌の方は使用を控えましょう。フェイシャルケアには不向きです。

精神への作用

頭をスッキリさせ、心を浄化させます。落ち込みや、無気力なときの精神高揚に役立ちます。

おすすめブレンド

柑橘系や樹木系の精油との相性がいいです。

サンダルウッドとのブレンドは、気分を落ち着かせてくれます。

ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)の主な使い方

芳香浴やボディトリートメントに適しています。香水にも適しています。

まとめ

ラベンターには様々な種類があります。
ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンター)はスキンケアに向いていますが、ラベンダースピカ(スパイクラベンダー)とラベンダースーパー(ラバンジン)は、刺激が強いため顔への使用は注意が必要です。

ラベンターストエカスは、他のラベンターとは使用上の注意事項が異なります。使用時は注意しましょう。

ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)はこの中では、鎮静作用が一番高いといわれています。個人の用途に合わせて、精油を選びましょう。

おすすめの記事