ワイルドキャロット

別名で「キャロットシード」「ノラニンジン」「クイーンアンズレース(アン王女様のレース)」と呼ばれています。草丈80cm以上になるセリ科の二年草です。

基本情報

  • 学名・・・Daucus carota
  • 科名・・・セリ科
  • 主な産地・・・フランス、チェチェン、インド
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・種子
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中は使用しないでください。ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには、長期間、継続的、広範囲、多量の使用は避けてください。低濃度で使用してください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・2

ワイルドキャロット精油の主な成分と作用

【主な成分】

セスキテルペンアルコール類: カロトール(30~80%)

モノテルペン炭化水素類: α-ピネン(1~15%)、サビネン(微量~15%)、β-ピネン、β-ミルセン、リモネン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン(微量~15%)、α-ビサボレン、β-ビサボレン、α-フムレン、β-ファルネセン、α-ベルガモテン、ダウセン

エステル類: 酢酸ゲラニル

オキサイド類(酸化物類): カリオフィレンエポキシド

【主な作用】

肝臓強壮、腎臓強壮、血中コレステロール濃度低下、強壮、血圧上昇、瘢痕形成、精神安定、精神強化、精神高揚

ワイルドキャロット精油の効能

身体への作用

肝臓や腎臓の働きを高めるといわれています。むくみに作用します。循環器系に作用し血圧上昇に働きかけます。

皮膚への作用

乾燥肌に適しています。シミやくすみに作用します。

精神への作用

心を浄化させる働きをします。ストレスや精神疲労の緩和に役立ちます。

おすすめブレンド

ハーブ系やスパイス系の精油との相性がいいです。

ワイルドキャロットの主な使い方

芳香浴やボディトリートメント、フェイシャルトリートメント、ヘアケアに適しています。

まとめ

ワイルドキャロットは高価な精油となります。「キャロットシード」という名称で販売されていることも多いです。少量での販売もされています。ワイルドキャロットは独特な香りのため、好みが分かれます。ハーブ系や柑橘系の精油とブレンドすると使用しやすくなります。

おすすめの記事