バーチの特徴

バーチ(白樺)の種類は、数十種類におよびます。
湿布や、筋肉痛などに使用する塗り薬の香りがします。

基本情報

  • 学名・・・Betula alleghaniensis(イエローバーチ)/ Betula lenta(スィートバーチ)
  • 科名・・・カバノキ科
  • 主な産地・・・北アフリカ(イエローバーチ)、ロシア、ドイツ(スィートバーチ)
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・樹皮
  • 注意事項・・・アスピリンアレルギーの方は使用しないでください。敏感肌の方は使用量に注意しましょう。湿布のような強い香りが残るため、使用量と使用場所に注意してください。
  • 香りの分類・・・スパイス系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3
  • 支配星・・・水星、木星
  • 星座・・・乙女座、射手座
  • ジェムストーン・・・クリオライト、クリソベリル
  • チャクラ・・・第3チャクラ(ソーラープレクサス)、第5チャクラ(スロート)、
           第6チャクラ(サードアイ)
  • アーキタイプ・・・禅僧、修業者

バーチ精油の主な成分と作用

【主な成分】

エステル類: サリチル酸メチル(~99%)

精油成分の特徴などについてはこちらから(精油の化学)
https://aroma-mary.com/chemistry-of-essential-oils/

【主な作用】

抗炎症、鎮痙、鎮咳、鎮痛、精神強化、精神高揚

バーチ精油の効能

身体への作用

気管支炎に働きかけます。筋肉痛やリウマチ、肩こり、関節痛に役立ちます。

皮膚への作用

他の精油とブレンドすることによって、皮膚への作用が穏やかになります。

精神への作用

精神的疲労に働きかけたり、リフレッシュへと導きます。

おすすめブレンド

ハーブ系、樹木系の精油との相性がいいです。

バーチ精油の主な使い方

芳香浴や、局所的なボディトリートメント、湿布に適しています。

まとめ

バーチは、湿布の「サロンパス」と同じ成分の「サルチル酸メチル」が主成分です。抗炎症、鎮痛、鎮静作用にすぐれています。
医療品のアスピリンと同じような作用があるため、アスピリンアレルギーの方は、使用しないように注意しましょう。

また日本精油の「水目桜(ミズメザクラ)」、「ウインターグリーン」も
主成分が「サルチル酸メチル」です。チェックしてみましょう。

おすすめの記事