キャリアオイルとは

精油を希釈するための植物油のことをいいます。精油は、原液のままでは刺激が強いため、希釈して使用します。キャリアオイルは、アロマトリートメントを行う際のトリートメントオイルや、美容液、香水をつくるときなどに、精油を希釈するのに使用されます。
キャリアオイルの中でも粘性が高いオイルは、他のキャリアオイルとブレンドしての使用がおすすめです。キャリアオイルは、ベースオイル、植物油とも呼ばれています。

アボカドオイル

基本情報

  • 学名・・・Persea americana
  • 科名・・・クスノキ科
  • 主な産地・・・アメリカ、メキシコ、ニュージーランド
  • 抽出方法・・・低温圧搾
  • 抽出部位・・・果肉
  • 主な成分・・・オレイン酸、リノール酸、バルミトレイン酸、ビタミン群

アボカドオイルの特徴

未精製のものは、香りが強く粘性が高いため、他のオイルとブレンドすると使用しやすくなります。保湿力が高いため、乾燥肌や老化した肌のケアに向いています。トリートメントでは、精製されたものを使用します。

ウィートジャムオイル(小麦胚芽油)

基本情報

  • 学名・・・Triticum vulgare
  • 科名・・・イネ科
  • 主な産地・・・アメリカ、カナダ、オーストラリア
  • 抽出方法・・・圧搾法
  • 抽出部位・・・胚芽
  • 主な成分・・・リノール酸、オレイン酸、パルチミン酸、ビタミン群(A・B・E)

ウイートジャムオイルの特徴

小麦胚芽油とも呼ばれています。ビタミンEが豊富なことが特徴です。肌を柔軟にするビタミン類が含まれているため、乾燥肌に働きかけます。粘性が高いため、単独ではなく他のオイルとブレンドして使用するようにしましょう。小麦アレルギーの方は使用を避けてください。

ローズヒップオイル

基本情報

  • 学名・・・ Rosa mosqueta / rubignosa
  • 科名・・・バラ科
  • 主な産地・・・アメリカ、チリ、ペルー
  • 抽出方法・・・低温圧搾
  • 抽出部位・・・種子
  • 主な成分・・・リノール酸、αーリノレン酸、オレイン酸

ローズヒップオイルの特徴

メラニン色素を抑える作用や、皮膚再生の作用もあるため、スキンケアに向いています。特にシミなどの色素沈着に働きかけ、美肌に導きます。粘性があるため、他のオイルとブレンドすると使用しやすくおすすめです。

まとめ

粘性が高く香りも独特なため、精油を希釈しての使用だけではなく、キャリアオイル同士でのブレンドもおすすめです。ホホバオイルや、マカデミアナッツオイルとのブレンドは使い心地を高めます。

おすすめの記事