簡単!ハーブティー【ハーブティーの入れ方・飲み方】

ハーブティーが飲みたいけれども、手間がかかりそうだし・・・とお考えの方はいませんか!
ハーブティーは、ドライハーブやフレッシュハーブを使用し、ティーポットで入れるだけではありません。
ティーパックや水出しハーブティー、ペットボトルのハーブティーなど、様々な種類があります。
ここでは、それぞれの特徴を紹介していきます。

ハーブティーの入れ方(ドライハーブ・フレッシュハーブ)

ドライハーブや、フレッシュハーブをそのまま使用する時は、ティーポットや、茶こし付きのティーカップ(ハーブティーマグ)を使用します。
ハーブをフレンドして、自分の好みの味に調整できる利点があります。
また、ハーブティーマグは、洗い物が少ないという利点があります。

ティーポットとティーカップを使用する(一人分)

  • はじめに、ティーポットとティーカップをお湯で温めておきます。
  • ハーブをティーポットの茶こしに入れます。(ドライハーブは小さじ1~2杯くらい、フレッシュハーブは手の平でひとつかみが目安です。)
  • 沸騰したお湯をティーポットに入れます。
  • そのまま蒸らします。花や葉は3分、その他は5分くらい蒸らすのが目安です。
  • ティーカップに注ぎます。

※ティーポットに茶こしがついていない場合は、茶こしを用意しましょう。

ハーブティーマグを使用する。(一人分)

  • はじめにカップを温めておきます。
  • ハーブをハーブティーマグの茶こしに入れます。(ドライハーブは小さじ1~2杯くらいが目安です。フレッシュハーブは、茶こしに入らない可能性があるため、ティーポットを使用する方が無難です。)
  • 沸騰したお湯をティーポットに入れます。
  • カップにフタをして、そのまま蒸らします。花や葉は3分、その他は5分くらい蒸らすのが目安です。
  • 茶こしを外します。

ハーブティーの入れ方(ティーパック)

市販のハーブティーのティーパックをそのまま使用する方法や、お茶パックに、ハーブを入れて使用する方法があります。市販のハーブティーのティーパックはお手軽に利用できます。
お茶パックを使用する場合は、ハーブをブレンドし自分の好みの味に調整できます。ハーブの茶葉が、ティーポットやカップに広がらないため、片付けが楽な利点があります。

ティーパックを使用する(一人分)

  • はじめにカップを温めておきます。
  • 沸騰したお湯をティーカップに入れます。
  • ティーカップにティーパックを入れます。
  • ティーカップにフタをして蒸らします。花や葉は3分、その他は5分くらい蒸らすのが目安です。
  • ティーパックを取ります。

アイスハーブティー

夏に人気のアイスハーブティーになります。熱湯でバーブの成分を抽出してから、氷で一気に冷やす方法になります。

ティーポットと氷入りのグラスを利用する(一人分)

  • はじめにティーポットを温めておきます。
  • ハーブをティーポットの茶こしに入れます。(ドライハーブは小さじ1~2杯くらい、フレッシュハーブは手の平でひとつかみが目安です。)
  • 沸騰したお湯をティーポットに入れます。
  • そのまま蒸らします。花や葉は3分、その他は5分くらい蒸らすのが目安です。
  • グラスに氷を入れます。
  • グラスにハーブティーを注ぎ、一気に冷やします。
  • 冷えたら出来上がりです。

※ティーポットに茶こしがついていない場合は、茶こしを用意しましょう。
※氷が溶けるため、ホットハーブティーよりも、ハーブを多めに入れた方がいいかもしれません。

水出しハーブティー

水出しハーブティー用のティーパックと容器を用意する

お湯を使わずに、水で手軽にハーブティーが作れます。水出し用のティーパックを使用します。

  • 容器とティーパックの水出しのハーブティーを使用します。
  • 容器にティーパックを入れます。
  • 水を入れます。水量は製品によって異なりますので、製品に記載してある指示を確認しましょう。だいたい1パックに対して、水量は400~500mlが多いです。
  • そのまま冷蔵庫に入れて、3~6時間位おきます。これも製品によって異なりますのて、製品に記載してある指示を確認しましょう。

ペットボトルのハーブティー

ペットボトルのハーブティー

忙しい朝や仕事の休憩中、ランチのお伴など、場所を選ばずに飲むことができます。持ち運びが便利で、健康のためにハーブティを飲む習慣をつけたい方には適しています。
ペットボトルでも、オーガニックハーブティや、国産有機ハーブティなど様々な種類があります。好みに合わせて選びましょう。

まとめ

ハーブティーを入れるのは、手間がかかるし難しそう...と思っている方はいませんか? 意外と簡単に入れることができるのがハーブティーです。時間があるときには、ポットで入れて、ハーブティーの香りと色を楽しんでみるのがいかがでしょうか。
お手軽に楽しみたい場合は、ティーパックや、水出しハーブティーなどが便利です。ペットボトルだとさらに便利ですよ。自分なりの方法でハーブティーを楽しみましょう♪

おすすめの記事