Lavandula- stoechas

ラベンダー・ストエカス(フレンチ・ラベンダー)精油の特徴

「ラベンター・ストエカス」は、耐暑性の低木です。他のラベンターの花と比較すると、花穂が長く、2~5cm程になります。包葉が大きく幅が広いのが特徴です。
様々な種類があり、古くから地中海沿岸の地域で、薬用や化粧品として使用されてきたといわれています。
「フレンチ・ラベンダー」とも呼ばれています。

基本情報

  • 学名・・・Lavandula stoechas
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・フランス、スペイン
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・花穂
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中、乳幼児、高齢者、てんかん患者には使用はしないでください。他のラベンターとは含有成分が異なり、ケトン類が主成分になります。他のラベンダーとは使用方法が異なるため注意が必要です。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(B・F)・・・1

ラベンダー・ストエカス(フレンチ・ラベンダー)精油の主な成分と作用

【主な成分】ケトン類の含有率が高いです。

ケトン類: フェンコン(25~50%)、カンファー(15~40%)

酸化物類(オキサイド類): 1.8シネオール(1~15%)

モノテルペン炭化水素類: カンフェン、α-ピネン、リモネン

エステル類: 酢酸ミルテニル、酢酸ボルニル

精油成分の情報はこちら【精油の化学】

【主な作用】

去痰、抗カタル、粘液溶解、抗菌、抗真菌、抗炎症、細胞成長促進、瘢痕形成(創傷治癒)脂肪溶解、精神強化、精神高揚

ラベンダー・ストエカス(フレンチ・ラベンダー)精油の効能

身体への作用

呼吸器系の疾患や、むくみに働きかけます。

皮膚への作用

刺激が強いため敏感肌の方は使用を控えましょう。フェイシャルケアには不向きです。

精神への作用

頭をスッキリさせ、心を浄化させます。落ち込みや、無気力なときの精神高揚に役立ちます。

おすすめブレンド

柑橘系や樹木系の精油との相性がいいです。

サンダルウッドとのブレンドは、気分を落ち着かせてくれます。

ラベンダー・ストエカス(フレンチ・ラベンダー)の主な使い方

芳香浴やボディトリートメントに適しています。香水にも適しています。

ラベンダー・ストエカス(フレンチ・ラベンダー)はこちら

まとめ

アロマテラピーの世界では「ラベンダー」は精油の代表とされています。
そんな「ラベンダー」ですが、交配種も含めると、様々な種類があります。

ラベンダーは、おおまかに分類すると「イングリッシュ系」「フレンチ系」
「プテロストエカス系」に分けられます。

「ラベンダー・ストエカス(フレンチ・ラベンダー)」は、「フレンチ系」に該当します。

ケトン類の含有率が高いため、他のラベンダーの種とは、区別するようにしてください。

ラベンダーの種類は多いので、購入するときには、必ず「学名」を確認してください。

その他のラベンダーはこちらを確認
精油 ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)
精油 ラベンダー・スピカ(スパイク・ラベンダー)
精油 ラベンダー・スーパー(ラバンジン)

おすすめの記事