Lavandula-X-intermedia-clone super

ラベンダー・スーパー(ラバンジン)の特徴

「ラベンダー・スーパー」は、ラベンダー・アングスティフォリアと、ラベンダー・スピカ(スパイク・ラベンダー)の交配種です。
良質なアングスティフォリア種と、多量に採取ができて丈夫なスピカ種の、
両者の良いところが生かせるため、南フランスでは多く栽培されています。

「ラバンジン」「ラベンダー・レイドバン」とも呼ばれています。

基本情報

  • 学名:Lavandula X intermedia clone super
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・フランス、スペイン
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・花穂
  • 注意事項・・・妊娠中は控えましょう。皮膚刺激があるため、敏感肌の方は低濃度で使用してください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(B・F)・・・3

ラベンダースーパー(ラバンジン)精油の主な成分と作用

【主な成分】リナロール酢酸リナリルが主成分となります。

エステル類: 酢酸リナリル(30~50%)、酢酸ラバンズリル

モノテルペンアルコール類: リナロール(25~40%)、ボルネオール

モノテルペン炭化水素類: cis-β-オシメン、trans-β-オシメン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

ケトン類: カンファー

酸化物類(オキサイド類): 1.8シネオール

精油成分の情報はこちら【精油の化学】

【主な作用】

去痰、鎮痛、鎮痙、血圧降下、瘢痕形成(創傷治癒)、筋肉弛緩、抗菌、抗真菌、殺菌、精神安定、精神強壮

ラベンダー・スーパー(ラバンジン)精油の効能

身体への作用

呼吸器系に働きかける成分が、真正ラベンダーより多く含まれるため、すっきり感があります。運動後の筋肉の鎮静に働きかけます。

皮膚への作用

創傷治癒作用により、傷の治りを早める働きをします。敏感肌の方は顔への使用は控えてください。

精神への作用

ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)の方が鎮静作用は強いですが、ラベンダースーパー(ラバンジン)も鎮静作用をもちます。また、精神強壮作用もあるため、精神のバランスを調整してくれます。

おすすめブレンド

ほどんどの精油と相性がいいです。

オレンジスイートとのブレンドはリフレッシュ効果が高まります。

ラベンダースーパー(ラバンジン)の主な使い方

芳香浴や、ボディトリートメント、ルームスプレーなどに適しています。

ラベンダースーパー(ラバンジン)精油はこちらから

まとめ

アロマテラピーの世界では「ラベンダー」は精油の代表とされています。
そんな「ラベンダー」ですが、交配種も含めると、様々な種類があります。

ラベンダーは、おおまかに分類すると「イングリッシュ系」「フレンチ系」
「プテロストエカス系」に分けられます。

「ラベンダースーパー(ラバンジン)」は、「イングリッシュ系」に該当します。
同じ系統の「ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)」より
香が強く、甘さの中にもスッキリ感があります。

ラベンター精油を購入するときには、必ず「学名」を確認してください。

その他のラベンダーはこちらを確認
精油 ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)
精油 ラベンダー・スピカ(スパイク・ラベンダー)
精油 ラベンダー・ストエカス(フレンチ・ラベンダー)

おすすめの記事