アロマ乳液の作り方

アロマ基材と精油を使用して、アロマ乳液を作りましょう。

【基材】:キャリアオイル(マカデミアナッツオイル・ホホバオイルなど)10ml・精製水40ml・キサンタンガム2g・グリセリン3ml

【用具】:ビーカー2個・攪拌棒(ガラス棒など)・保存容器

【精油】:精油4滴  サンダルウッド3滴  ラベンダー1滴

サンダルウッド:皮脂分泌を調整する作用があります。

真正ラベンダー:皮膚組織再生作用があります。香付けに使用します。

<使用期限> 2週間程度で使いきりましょう。

作成手順

ビーカーにグリセリン3mlを入れます。


キサンタンガム2gをビーカーに入れます(左側)
ビーカーに入っているグリセリンにキサンタンガムを加えます(右側)
「左側のビーカー(小)を右側のビーカー(大)に移す。」


グリセリンとキサンタンガムを、ガラス棒などで混ぜ合わせます。


ビーカにマカデミアナッツオイル10mlを入れます。
マカデミアナッツオイルに精油を加えて、ガラス棒などで混ぜ合わせます。

  


(左側のビーカー大)グリセリンとキサンタンガム
(右側のビーカー小)マカデミアナッツオイルと精油


グリセリンとキサンタンガム(左側の大ビーカー)に、
精油を加えたマカデミアナッツオイル(右側の小ビーカー)を加えます。


ガラス棒などで混ぜ合わせます。


混ぜ合わせたものを保存容器に移します。


精製水40mlをビーカーに入れて、保存容器に移します。


ガラス棒などで混ぜ合わせます。


完成です。日付と用途が分かるようにラベルシールを貼ります。
使用時はよく振って使いましょう。

基材の確認はこちらから

まとめ

アロマ乳液の作り方を紹介しました。自分の好みの粘度で乳液が作れます。粘度の調整は、キサンタンガムの量で調整してみてください。

おすすめの記事