ロベジ

別名で「ラビッジ」「ラべージ」と呼ばれています。草丈1m以上になる多年草です。中世には修道院のバーブ園で栽培され、薬草として使用されていたといわれています。

基本情報

  • 学名・・・Levisticum officinalis
  • 科名・・・セリ科
  • 主な産地・・・フランス、ベルギー、スロベニア、ハンガリー
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・根
  • 注意事項・・・刺激があるため使用量に注意してください。継続的な使用はしないでください。(目安として1~2カ月程度の使用にとどめる)
  • 香りの分類・・・スパイス系
  • 香りのノート・・・ベースノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・2

ロベジ精油の主な成分と作用

【主な成分】

芳香族ラクトン類
   フタリド類: リグスチリド(20~50%)、
                                    Z-ブチリデンフタリド(20~40%)
                                    E-プチリデンフタリド(微量~15%)

モノテルペン炭化水素類: α-ピネン、β-ピネン、β-フェランドレン

【主な作用】

抗カタル、去痰、肝臓強壮、腎臓強壮、抗感染、抗菌、抗真菌、利尿、精神強化、精神高揚

ロベジ精油の効能

身体への作用

肝臓や腎臓の働きを高めるといわれています。呼吸器系に働きかけます。むくみに良いといわれています。

皮膚への作用

スキンケアには用いられません。

精神への作用

ストレスや緊張感の緩和に働きかけます。

おすすめブレンド

ハーブ系やスパイス系の精油との相性がいいです。

ロベジの主な使い方

芳香浴、吸入、ボディトリートメントに適しています。

まとめ

ロベジは高価な精油となります。少量での販売もされています。
ハーブティーとしても飲まれています。デドックス作用があるといわれているため、バーブティーとして飲むのもいいですね。

おすすめの記事