ポンデローザパイン

ポンテローザパインは別名で「ポンデローザマツ」と呼ばれています。樹高70m程にもなるマツ科の植物です。

基本情報

  • 学名・・・Pinus ponderosa
  • 科名・・・マツ科
  • 主な産地・・・アルゼンチン、インド、南アメリカ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・針葉
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため、長期間、継続的、広範囲の使用は避けてください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・不明

ポンデローザパイン精油の主な成分と作用

【主な成分】

モノテルペン炭化水素類: β-ピネン(30~40%)、δ-3-カレン(15~25%)、α-ピネン(5~10%)、テルピノレン、β-ミルセン、リモネン

フェノールメチルエーテル類: チャビコールメチルエーテル(15~25%)

【主な作用】

鎮痛、鎮痙攣(筋肉)、抗炎症、鎮咳、抗ウイルス、うっ滞除去、神経強壮、神経バランス回復、精神安定、精神強化

ポンデローザパイン精油の効能

身体への作用

消化器系に働きかけます。筋肉の痙攣に作用します。

皮膚への作用

敏感肌の方にはフェイシャルケアには適していません。

精神への作用

神経のバランスを回復させ、精神を安定させる働きがあります。

おすすめブレンド

ハーブ系と樹木系の精油との相性がいいです。

ポンデローザパインの主な使い方

芳香浴やボディトリートメント(局所)に適しています。

まとめ

ポンテローザパインは、他のマツ科の精油と比べると甘みがある香りがします。リラックスとリフレッシュの両方に作用する精油になります。

おすすめの記事