メリッサ(レモンバーム)

レモンバームとしても知られています。メリッサの学名「Melissa」はギリシャ語で「ミツバチ」という意味です。白い花をミツバチが好むことから由来しています。

基本情報

  • 学名・・・Melissa officinalis
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・フランス、ブルガリア、アメリカ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・全草(根以外)
  • 注意事項・・・妊娠中は避けましょう。皮膚刺激があるため、使用量に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・1

メリッサ(レモンバーム)精油の主な成分と作用

【主な成分】テルペン系アルデヒド類の含有量が多くなっています。

テルペン系アルデヒド類: ゲラニアール(15~45%)、ネラール(10~35%)、シトロネラール(微量~30%)

セスキテルペン炭化水素類: βーカリオフィレン(10~30%)、ゲルマクレンD

モノテルペンアルコール類: ゲラニオール

エステル類: 酢酸ゲラニル

酸化物類: カリオフィレンエポキシド

【主な作用】

鎮痛、消化促進、血圧降下、胆汁分泌促進、結石溶解、抗アレルギー、抗炎症、抗ヒスタミン、鎮静、誘眠、昆虫忌避

メリッサ(レモンバーム)精油の効能

身体への作用

高血圧、消化不良に働きかけます。生理不順、生理痛にも良いとされています。

皮膚への作用

刺激が強いため、使用量に注意が必要ですが、虫刺されに良いとされています。

精神への作用

精神疲労、落ち込みや無気力に働きかけます。

おすすめブレンド

柑橘系や樹木系の精油との相性がいいです。

メリッサ(レモンバーム)の主な使い方

芳香浴やボディトリートメント、ヘアケアに適しています。香水にも使用されています。

まとめ

メリッサはレモングラスと香りが似ています。バラと共通する成分が含まれているため、鎮静作用も期待できます。精油としてのメリッサは非常に高価です。
ハーブティーとして飲まれている、レモンバームティーとはメリッサのことです。ハーブティーとして楽しむのもいいですね♪

メリッサ(レモンバーム)精油はこちらから

おすすめの記事