はじめに揃えたい おすすめ精油3選とは

精油にはたくさんの種類があります。少しずつ揃えていきましょう。はじめは次の3種類がおすすめです。

オレンジスイート・ゼラニウム・ラベンダー

それぞれ見ていきましょう~。

オレンジスイート精油

おなじみの香りで万人に好まれ、単体でも使用しやすい精油です。
空気を洗浄したり、消化促進を促す、食欲を増進させる、活力を高めるなどの働きがあります。

オレンジ精油の詳しい情報はこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-orange/

オレンジスイート精油のレシピ

芳香浴やアロマバス、掃除などに使用されています。

芳香浴  ~おすすめの方法~玄関に♪

【基材】 オレンジスイート精油:5~10滴     

アロマストーンにオレンジスイートを5~10滴ほどたらします。玄関に置くと爽やかな香りが漂います。お客様のおもてなしにもいいですね♪

アロマバス

【基材】 天然塩・重曹:30~50g  バスオイル:5~10ml 
     オレンジスイート精油:3~6滴

天然塩や重曹、バスオイルなどに、オレンジスイートを3~6滴たらし、お風呂に入れます。精油はお湯には溶け込まないため、お風呂に直接入れると肌に刺激になるため注意しましょう。その日のうちに使い切ります。
アロマバスについてはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/how-to-aroma-bath/

掃除

【基材】 重曹:100g   オレンジスイート精油:10滴

シンクを掃除するクレンザーや、生ごみの消臭などに使用できます。
重曹100gに、オレンジスイート10滴を加え、よく混ぜ合わせます。
一時間ほど置きます。オレンジスイートのさわやかな香りが広がりますよ。一ヶ月以内に使い切りましょう。

ゼラニウム精油

自律神経や、ホルモンのバランスを調整する精油として知られています。ローズと同じ成分が含まれていて、女性にも人気の精油です。

ゼラニウム精油の詳しい情報はこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-zeraniumu/

ゼラニウム精油のレシピ

芳香浴やアロマバス、美容オイルなどに使用されています。ここでは美容オイルを紹介します。

美容オイル

【基材】 キャリアオイル:10ml(スイートアーモンドオイルやホホバオイルなど) ゼラニウム精油:1滴

皮脂バランスを整えるゼラニウムを用いて美容オイルを作りましょう。
キャリアオイル10mlを遮光容器に入れます。ゼラニウムを1滴加えます。化粧水後に気になるところに伸ばします。一ヶ月以内に使い切りましょう。

キャリアオイルについてはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/carrier-oil-1/

ラベンダー精油

ラベンダーはアロマテラピーでもっともよく使用されている精油です。リラックス作用や鎮静作用、安眠効果など幅広く使用できる精油です。

ラベンダー精油の詳しい情報はこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-lavandula/

ラベンダー精油のレシピ

芳香浴やアロマバス、美容オイル、フェイシャルスチームなど幅広い用途があります。ここでは、フェイシャルスチームを紹介します。

フェイシャルスチーム

【基材】 ラベンダー精油:1~2滴
     洗面器 ・ バスタオル

洗面器に熱めのお湯をはり、ラベンダーを1~2滴たらします。蒸気を顔に当てまます。蒸気が逃げないように、バスタオルで頭を覆います。目をつぶって行いましょう。やけどに注意してください。

まとめ

はじめに揃えておきたい精油を紹介しました。手に入りやすく、使いやすい精油になりますので、気軽にはじめてみましょう。まずは単体で使用してみて、慣れてきたらブレンドして使用してみましょう。

おすすめの記事