チャクラ

チャクラとは

チャクラとはサンスクリット語(インドの古語)で「車輪」を意味します。
中国では「気」、古代インドでは「プラーナ」とも呼ばれています。
「気」は体内を流れているエネルギーのことです。
東洋医学では経絡(ツボ)を刺激することで、体内の「気」が整い、自然治癒力が高まるといわれています。

チャクラは、体内に7つの節があります。各々の節がスムーズに流れることによって、心身ともにエネルギーが満ちあふれ、前向きな気持ちになるといわれています。

それぞれ7つのチャクラは、人の発達期に対応しています。
ひとつひとつのチャクラには、役割があり、エネルギーを持っています。
エネルギーが停滞したときに、チャクラを開いて活性化させると、心身の健康をサポートするといわれています。

チャクラを開くには、どのような方法があるのでしょうか。
次で確認していきましょう。

チャクラを開くには

エネルギーの通り道である「チャクラ」が閉じていると、体内の「気」がスムーズに流れず、なんとなく不調に感じるものです。

それでは「チャクラを開く方法」を紹介します。

  • ヨガや気功、座禅や瞑想などを行う。
  • チャクラの波動と共鳴する、パワーストーン(天然石)などを持つ。
  • パワースポットに出かけて、気の波動を受けて、チャクラを活性化させる。
  • 芸術に触れて(音楽、美術など)感動をあじわう。
  • 植物に触れる(精油を使用することも含む)など。

    ここでは、精油を使用してチャクラを開く方法をお伝えします。

7つのチャクラ

チャクラ

チャクラには第1チャクラから第7チャクラまで7つあります。
骨盤あたりから、
頭のてっぺん辺りまでに対応しています。

第1チャクラ(ベースチャクラ/ルートチャクラ)に対応する精油と色

第1チャクラ

第1チャクラは「脊柱の基底部・会陰」に位置していて、私たちの基盤を象徴しています。
発達期は、0~7歳です。
地に足をつけて生きるための、土台となる時期です。

バランスがくずれると、活動力、生命力の低下をまねくといわれています。
第1チャクラは、他のチャクラに影響を与えます。
そのため、まず、第1チャクラのバランスを整えることが大切です。

エネルギーの色は「赤色・黒色」です。
対応する精油は「シダー・ベチバー・パチュリー・ミルラ」などです。
下半身のトリートメントに取り入れると良いでしょう。

やる気がでないときや、体力がないときには、第1チャクラを活性化させましょう。

第2チャクラ(セイクラルチャクラ)に対応する精油

第2チャクラ

第2チャクラは「仙骨・丹田(たんでん)」に位置していて、私たちの感情や創造、生殖に関連しています。丹田は、へその下にあります。
発達期は、8~14歳です。
心と体に、喜びをもらたします。

バランスがくずれると、人間関係や性生活が、うまくいかないなどの問題が出てくる可能性があります。

エネルギーの色は「オレンジ色」です。
対応する精油は「サンダルウッド・ジャスミン・ゼラニウム・ローズ」などです。
フルボディのトリートメントに取り入れると良いと思います。

落ち込むときや、物事が決められないとには、第2チャクラを活性化させましょう。
また、第2チャクラは、第1チャクラと第3チャクラと連動させることで、よりスムーズになります。

第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)に対応する精油

第3チャクラ

第3チャクラは「みぞおち」に位置しています。
発達期は、15~21歳です。
自信や自尊心をもたらします。
個性を表現して、自分に自信をつけていくこと、それにより自尊心をもてるようになる。
この過程はとても大切で、人間関係の構築にも影響してきます。

バランスがくずれると、不安や恐れが出てきて、ストレスを受けやすくなります。

エネルギーの色は「黄色」です。
対応する精油は「グレープフルーツ・ジュニパーベリー・ジンジャー・レモン」などです。
鼻から精油を吸い込み、深呼吸をすると良いでしょう。

イライラしたり、不安感があるときには、第3チャクラを活性化させましょう。
第1チャクラと第2チャクラのバランスをとりながら、調整していく役割です。

第4チャクラ(ハートチャクラ)に対応する精油

第4チャクラ

第4チャクラ「胸の中央」に位置しています。
発達期は、22~28歳です。
自愛と愛のバランスをとります。
自分を許せる、そのうえに他者も許せると、無条件の愛を与えることができます。

物質世界とのつながりが主な下位のチャクラ(第1~第3チャクラ)と、精神世界とのつながりを持つ上位のチャクラ(第5~第7チャクラ)を結び付ける「」として、心身のバランスを取る役割をします。

バランスがくずれると、自己犠牲に走ったり、その反対で自己中心的になりやすくなります。

エネルギーの色は「緑色・ピンク色」です。
対応する精油は「パルマローザ・ベルガモット・メリッサ・ローズ」などです。
胸元に精油を塗布して深呼吸をすると良いでしょう。

自尊心の低下や、人に対して不信感があるときは、第4チャクラを活性化させましょう。

第5チャクラ(スロートチャクラ)に対応する精油

第5チャクラ

第5チャクラは、喉元に位置し、自己の表現力やコミュニケーションに関連しています。
発達期は、29~35歳です。

バランスが整っていると、自分を上手に表現できるようになります。
その結果、人間関係を良好にします。

バランスがくずれると、感情的になりやすく、人とのコミュニケーションに影響が出てきます。
エネルギーの色は「青色・水色」です。
対応する精油は「ローマン、ジャーマンカモマイル・サイプレス・パイン・ペパーミント」などです。
鎖骨の間のくぼみにトリートメントオイルを塗布して、やさしくケアすると良いでしょう。

人間関係を円滑にするコミュニケーションに関連しているため、重要な要のチャクラといえます。
コミュニケーションが苦手と感じるときには、第5チャクラを活性化させましょう。

第6チャクラ(プラウチャクラ/サードアイチャクラ)に対応する精油

第6チャクラ

第6チャクラは「眉間」「額の中央」に位置しています。
発達期は、36~42歳です。
第3の目ともいわれ、チャクラのバランスが取れていると、洞察力が深まったり、直感が働くようになります。

バランスがくずれると、思考に偏りができ、合理的でないものは受けづらくなります。

エネルギーの色は「藍色(インディゴ)」です。
対応する精油は「ジュニパー・バジル・ヘリクリサム・ローズマリー」などです。
こめかみや眉間にトリートメントオイルを塗布したり、お風呂に入れ、アロマバスを楽しむのも良いでしょう。

注意力が低下していたり、考えすぎてしまうときには、第6チャクラを活性化させましょう。

第7チャクラ(クラウンチャクラ)に対応する精油

第7チャクラ

第7チャクラは「頭頂(大泉門)」に位置しています。
発達期は、43~49歳です。
他のチャクラとは違い、体内ではなく、頭頂部にあります。
自由意志のチャクラといわれ、宇宙的なエネルギーとのつながりを持ち、スピチュアル性をもたらします。

第7チャクラのバランスが取れていると、すべてのチャクラとのつながりを感じ、一体感をおぼえます。

バランスがくずれると、違う価値観が認められず、孤立感や孤独感を生み出します。

エネルギーの色は「紫色・白色・透明色」です。
対応する精油は「フランキンセンス・ラベンダー・ローズウッド・ローズオットー・ジャスミン」などです。
トリートメントオイルを頭頂、首のうしろ、胸元、足裏などに塗布すると、魂とつながりやすくなります。

価値観の違いを許せなかったり、孤独を感じる時には、第7チャクラを活性化させましょう。

まとめ

ここまで、チャクラについて説明してきました。
チャクラの発達期は、一般的に7年ごとの期間で考えられています。
ただ、文献によっては、3年ごとの期間で考えられているものもあります。

チャクラの発達期については、次のように考えるといいと思います。
「どの段階のチャクラを活性化させることが、いまの自分にとって必要なのか。」

私たちが生き生きと毎日を過ごすためには、それぞれのチャクラを開いた状態にすることが必要であると感じます。

精油はその手助けをしてくれるものであると考えます。
芳香浴や、アロマバス、トリートメントに使用してみましょう。
上手に利用していきたいですね♪

おすすめの記事