西洋占星術とは

西洋占星術の起源は古く、古代メソポタミアだと考えられています。
古くから人は星を通じて、未来や願望などを占ってきました。

西洋占星術では「天上で起きる出来事は、地上で起こることと関連している」
という基本理念の上で成り立っています。

また西洋占星術では、地球が太陽の回りをまわっている「地動説」ではなく、すべての天体が地球の回りをまわっていると考える「天動説」で成り立っています。
西洋占星術が「天動説」で成り立っているのは、「地動説」が成り立つ前から、西洋占星術が行われていたからと考えられています。

ホロスコープとは

別名「星の羅針盤」とも呼ばれています。名前はギリシャ語のhora(時間)とscopos(観察者)に由来しています。生まれた時間に、生まれた場所から見上げた星の位置を示したものを、ホロスコープといいます。

西洋占星術では、円の形をしたチャートを用います。円形のチャートを12星座(宮・サイン)に区切り、そこに10の惑星が配置されています。

さらに、ホロスコープは、中央から放射線状に線が引かれ、円が12区分に分けられています。
このひとつひとつは「ハウス」と呼びます。

まとめると、ホロスコープは、12星座10の惑星12のハウス で
成り立っています。

12星座(宮・サイン):おひつじ座(白洋宮)・おうし座(金牛宮)・
ふたご座(双児宮)・かに座(巨蟹宮)・しし座(獅子宮)・おとめ座(処女宮)・
てんびん座(天秤宮)・さそり座(天蠍宮)・いて座(人馬宮)・やぎ座(磨羯宮)・
みずがめ座(宝瓶宮)・うお座(双魚宮)

さらに、12星座は2区分、3区分、4区分に分けられます。
2区分(男性宮・女性宮)/3区分(活動宮・不動宮・柔軟宮)/
4区分(火・地・風・水)

10惑星:太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星

ハウス:「1ハウス~12ハウス」に分けられます。

テレビや雑誌などの星占いでは、上記の12星座が使われています。

たくさんある星座の中で、なぜ上記の12星座が使われているのでしょうか?
それは、地球から見た太陽の通り道(黄道)に12星座が存在しているからです。

なぜ天体の中で、太陽の通り道が採用されているのでしょうか。

太陽は太古から特別なものと考えられていました。
現在、私たちが使用している暦は、太陽の動きを基準に計算された太陽歴です。

さらに、ホロスコープでは、円を4つに分けます。
分けられた4つは、それぞれ方向性を示します。
左側:ASC(アセンダント)→東の地平線
右側:DES(ディセンダント)→西の地平線
上方:MC(天頂)→南中点
下方:IC→MCの向かい側

バースチャート(ネイタルチャート)とは

バースチャート(ネイタルチャート)とは、その人の、生まれた日と、時間、場所を基準にして作成したチャートのことをいいます。12ハウス、12サイン(宮・星座)、10惑星が主に配置されています。

「医学の父」と呼ばれる古代ギリシアの医師であるピポクラテスは、患者の診断の際に、バースチャートを考慮していました。同じく、医師のニコラス・カルペパーも、使用するバーブや精油を選ぶ際に、バースチャートを参考にしていました。

西洋占星術の観点からアロマテラピー活用するときには「太陽・月・アセンダント(ASC)」などを考慮します。アセンダントは、その人が生まれた東の地平線に当たり、12個のハウスのスタート地点になります。

12星座(宮)に対応する精油

西洋占星術のチャートの読み方は、12星座(宮・サイン)、10惑星、12ハウスがあります。ここではシンプルに、太陽の通り道に当たる12星座(宮・サイン)に対応する精油の紹介をします。

おひつじ座

オレガノ・ジンジャー・パイン・ブラックペッパー・ローズマリー

おうし座

カルダモン・コリアンダー・ローズ

ふたご座

アニス・キャラウェイ・パセリ・マジョラムスパニッシュ・レモンバーベナ

かに座

クラリセージ・ジャーマンカモマイル・ミルラ・メリッサ・リンデン

しし座

アンジェリカ・オレンジ・シナモン・フランキンセンス・ローレル

おとめ座

エレミ・ディル・フェンネル・ラベンダー・レモングラス

てんびん座

イランイラン・コリアンダー・ゼラニウム・パルマローザ・マートル・ローズ

さそり座

カルバナム・シダーウッド・バジル・パチュリー

いて座

カルダモン・ジュニパー・ナツメグ・バーチ(白樺)・ヒソップ

やぎ座

ガルバナム・サイプレス・べチバー・ミモザ・ミルラ・ロックローズ

みずがめ座

スターアニス・ネロリ・ユーカリ・ラヴィンツァラ

うお座

サンダルウッド・バニラ・メリッサ

まとめ

今回は、西洋占星術の知識を活用して、精油を選ぶ方法を解説しました。
一般的に幅広く知られている、12星座をもとに紹介しました。
12星座は、自分の生まれた日が分かれば、簡単に判明します。

精油選びに迷ったときには、自分の星座に該当する精油を
選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事