スパイクナード

様々な別名があり「ナード」「ナルデ」「カンショウコウ(甘松香)」などと呼ばれいます。標高3000~5000mのヒマラヤ山脈に生息しています。草丈1m程になる高山植物です。

基本情報

  • 学名・・・Nardostachys jatamansi
  • 科名・・・オミナエシ科
  • 主な産地・・・ネパール、チベット、インド
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・根
  • 注意事項・・・使用方法を守れば禁忌はありません。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ベースノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・1

スパイクナード精油の主な成分と作用

【主な成分】

セスキテルペン炭化水素類: カラレン(3~15%)、・セイケレン(2~15%)、α-パチュレン(微量~15%)、β-グルジュネン、3,7-グアイアジエン、β-パチュレン、β-セリネン

ケトン類: バレラノン(微量~10%)

モノテルペン炭化水素類: α-ピネン

セスキテルペンアルコール類: スピロジャタモール

【主な作用】

強壮、静脈強壮、抗炎症、抗真菌、抗てんかん、鎮静、精神安定、精神高揚

スパイクナード精油の効能

身体への作用

神経性からくる、胃腸の不調に働きかけます。むくみや冷えにも作用します。

皮膚への作用

皮膚への使用はあまりされません。

精神への作用

不安や緊張の緩和に働きかけます。気持ちを落ち着かせる作用があります。

おすすめブレンド

ハーブ系、スパイス系、樹木系の精油との相性がいいです。

スパイクナードの主な使い方

芳香浴、吸入、ボディトリートメントに適しています。

まとめ

スパイクナードは、バレリアンの近縁種です。バレリアンと同じく鎮静作用にすぐれています。香りは好みが分かれるところです。香りが強い精油のため、少量を使用するようにしましょう。

おすすめの記事