カユプテ

カユプテは、ティートリーやニアウリと同じく、フトモモ科でメラレウカ属の植物です。樹高が20m程にもなり、樹皮が白いことが特徴です。別名で「ホワイトティートリー」と呼ばれることがあります。
カユプテは東洋でよく使用されている植物といわれています。その消毒特性から、中国やインドなどで長く家庭療法に使われてきました。

基本情報

  • 学名・・・ Melaleuca cajuputii 
  • 科名・・・フトモモ科
  • 主な産地・・・ベトナム
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため使用量に注意してください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・2
  • 五行・・・
  • 支配星・・・木星、月        
  • 星座・・・射手座、蟹座
  • チャクラ・・・第5チャクラ(スロート)、第6チャクラ(サードアイ)

カユプテ精油の主な成分と作用

【主な成分】1.8シネオールが主成分です。

オキサイド類(酸化物類): 1.8シネオール(60~75%)

モノテルペン炭化水素類: リモネン(3~10%)、α-ピネン、β-ピネン、β-ミルセン、γ-テルピネン

モノテルペンアルコール類: α-テルピネオール(微量~15%)、リナロール

【主な作用】

去痰、抗カタル、うっ滞除去、免疫刺激、鎮痛、抗感染、抗菌、抗ウイルス、殺菌、放射線防護、精神強化

カユプテ精油の効能

身体への作用

風邪や気管支炎などに働きかけます。神経痛や頭痛、筋肉痛、歯痛の緩和に役立ちます。

皮膚への作用

肌を引き締める作用があります。

精神への作用

不安感を緩和させます。頭をスッキリさせ、集中力を高めます。

おすすめブレンド

ハーブ系の精油との相性がいいです。

カユプテの主な使い方

芳香浴や吸入、ボディトリートメントに適しています。

まとめ

シンガポールのおみやげとして定番のタイガーバームは、カユプテ油が含まれています。
ティートリーの成分と似ていますが、カユプテは、1.8シネオールの含有量が多いため、ティートリーよりも清涼感がある香りです。比較的好まれる香りですよ~。

カユプテ精油はこちらから

おすすめの記事