タナセタム

別名で「ブルータンジー」と呼ばれています。タナセタムは香りの強い、草丈80cm程になるキク科の多年草です。カマズレンを含むため、精油の色は濃いブルーです。

基本情報

  • 学名・・・Tanacetum annuum
  • 科名・・・キク科
  • 主な産地・・・モロッコ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉と花房
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中、乳幼児、高齢者、てんかん患者には、長期間、継続的、広範囲、多量での使用は避けてください。キク科アレルギーの方は控えましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・2

タナセタム精油の主な成分と作用

【主な成分】

モノテルペン炭化水素類: サビネン(10~25%)、β-ミルセン(4~15%)、β-ピネン(5~10%)、p-サイメン(4~10%)、α-フェランドレン(4~10%)、カンフェン、α-テルピネン、γ-テルピネン、α-ピネン、リモネン

セスキテルペン炭化水素類: カマズレン(微量~10%)、ジヒドロカマズレン(微量~10%)

ケトン類: カンファー(5~20%)

モノテルペンアルコール類: テルピネン-4-オール、ボルネオール

【主な作用】

抗炎症、抗ヒスタミン、鎮痛、鎮掻痒(かゆみ)、血圧降下、静脈強壮、精神安定、精神高揚

    タナセタム精油の効能

    身体への作用

    花粉症などアレルギーに働きかけます。呼吸器系にも作用します。血圧を下げる働きをします。

    皮膚への作用

    皮膚のアレルギーや、かゆみなど皮膚疾患に働きかけます。

    精神への作用

    不安や緊張感の緩和に働きかけます。集中力が高まります。リフレッシュ効果も期待できます。

    おすすめブレンド

    ハーブ系や樹木系の精油との相性がいいです。

    タナセタムの主な使い方

    芳香浴、吸入、湿布、ボディトリートメント、フェイスケアに適しています。

    まとめ

    タナセタムは、ジャーマンカモミールと同じカマズレンが含まれていて、アレルギーに作用する精油といわれています。ジャーマンカモミールと同様に、高価な精油となりますが、持っていたい精油のひとつですね。

    タナセタム精油はこちらから

    おすすめの記事