ユズ(柚子)

日本人には馴染みのある柑橘類のひとつで、高さが4m程の常緑小高木です。日本で古くから栽培されています。高知が主な産地となります。原産国は中国といわれています。

基本情報

  • 学名・・・Citrus junos
  • 科名・・・ミカン科
  • 主な産地・・・日本(高知県)
  • 抽出方法・・・圧搾法、水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・果皮
  • 注意事項・・・圧搾法で抽出されたユズの精油は光毒性があるため、皮膚に塗布後は5~6時間は直射日光に当たらないようにしてください。また、皮膚刺激があるため使用量に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・柑橘類
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3

ユズ精油の主な成分と作用

【主な成分】

モノテルペン炭化水素類: リモネン(74.07%)、γ-テルピネン(11.3%)、β-フェランドレン(4%)、α-ピネン(2.41%)、ミルセン(1.9%)、β-ピネン(0.83%)、α-フェランドレン(0.65%)、p-シメン(0.51%)

モノテルペンアルコール類: リナロール(1.16%)

セスキテルペン炭化水素類: ビシクロゲルマクレン(0.83%)

【主な作用】

鎮痛、消化促進、体液循環促進、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、抗酸化、収れん、鎮静、防虫

ユズ精油の効能

身体への作用

筋肉痛や関節痛の緩和に役立ちます。消化促進や、胃腸の不調に働きかけます。冷えにも良いとされています。

皮膚への作用

脂性肌に適しています。たるみ、くすみにも適しています。

精神への作用

不安感、うつ、ストレスの緩和に働きかけます。不眠に良いとされています。

おすすめブレンド

ハーブ系や樹木系、柑橘系の精油との相性がいいです。

ユズの主な使い方

芳香浴やアロマバス、フェイシャルケアに適しています。

まとめ

冬至にはユズ湯に入る習慣があるなど、ユズは日本人には馴染みの香りです。「冬至にユズ湯に入ると風邪をひかない」といわれていて、体を温める働きがあります。
ユズの果皮にはビタミンCも含まれ、美肌によいといわれています。
ユズ精油を昼間に使用する場合は、光毒性がない、水蒸気蒸留法で抽出された精油を利用すると良いでしょう。

光毒性についてはこちらから
⇒  https://aroma-mary.com/seiyu-koudokusei/

ユズ(柚子)精油はこちらから

おすすめの記事