コナツ(小夏)

小夏は、地域によっては、日向夏(ひゅうがなつ)やニューサマーオレンジと呼ばれています。柚子が突然変異したものといわれています。

基本情報

  • 学名・・・Citrus tamurana
  • 科名・・・ミカン科
  • 主な産地・・・日本(高知県)
  • 抽出方法・・・減圧水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・果皮
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため、低濃度で使用しましょう。
  • 香りの分類・・・柑橘系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・不明

コナツ精油の主な成分と作用

【主な成分】

モノテルペン炭化水素類: リモネン(80.2%)、γ-テルピネン(10.51%)、ミルセン(2%)、β-ピネン(0.86%)、サビネン(0.52%)、テルピノレン(0.46%)、β-フェランドレン(0.32%)

モノテルペンアルコール類: リナロール(1.05%)

セスキテルペン炭化水素類: β-ファルネセン(0.48%)

【主な作用】

消化促進、静脈強壮、体液循環促進、うっ滞除去、抗菌、鎮静

コナツ精油の効能

身体への作用

消化器系の不調に働きかけます。むくみに良いとされています。

皮膚への作用

脂性肌に適しています。

精神への作用

緊張感や不安感の緩和に働きかけます。

おすすめブレンド

ほどんどの精油と相性がいいです。

コナツ精油の主な使い方

芳香浴やボディトリートメントに適しています。

まとめ

柑橘系の精油は、抽出方法は圧搾法が多いですが、小夏は水蒸気蒸留法で抽出されています。
そのため光毒性がないので、日中でも使用しやすい精油となります。やさしい香りです。

光毒性についてはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-koudokusei/

コナツ(小夏)精油はこちらから

おすすめの記事