ベルガモットは、紅茶のアールグレイの香り付けに使用されていることで有名です。香りもやわらかい香りです。光毒性が強い精油になるため、日中の使用には注意が必要です。

ベルガモット精油の詳しい情報はこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-bergamot/

光毒性についてはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-koudokusei/

ベルガモット精油 おすすめの使い方レシピ

ベルガモットは単体でも使いやすい精油ですが、様々な精油と相性が良い精油です。

ベルガモット精油のみでのレシピ

芳香浴

リラックスできる香りのベルガモット精油で、芳香浴を楽しみましょう。

【基材】
ベルガモット精油:1~6滴

【使用方法】
ディフューザーやアロマランプ、アロマストーンなどで香りを拡散させます。ハンカチやテッシュにたらして使用する手軽な方法もあります。

芳香浴についての情報はこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/aromatherapy-katuyo-houkouyoku/

ベルガモット精油を主に使用したブレンドレシピ

アロマ石鹸(石けん)

自分の好きな形に作成でき、香りも良い石鹸を作りましょう。

【基材】
石鹸素材 50g
精製水10ml (足りない時は調整します)
ベルガモット精油:6滴
真正ラベンダー:2滴
ユーカリグロブルス:2滴

【用具】:ビーカー・ビニール袋・割りばし・型取り(必要に応じて)・マスク(必要に応じて)・使い捨て手袋(必要に応じて)

<使用期限> 1~2カ月で使い切りましょう。

【作り方】
1.石鹸素材50gをビニールに入れ、精製水10mlを加えます。
2.ビニールを手で揉みこみ、石鹸素材をまとめます。
3.2に精油を加え、さらにビニールを手で揉みこみます。石鹸素材がまとまらない場合は、精製水を加えていきます。
4.石鹸素材がまとまったら、ビニールから取り出し、好きな形を作ります。型取りを使っても良いです。
5.形作った石鹸を乾燥させます。型取りに入れた場合は、一時間位置き乾燥させ、型取りから取り出します。
6.石鹸を割りばしの上に置き、1~2週間程度乾燥させます。

アロマ石鹸の作り方についてはこちらから(画像で説明しています)
⇒ https://aroma-mary.com/aroma-soap/

まとめ

ベルガモット精油の使い方を紹介しました。香りが良く、ブレンドしやすい精油です。スキンケアやトリートメントに使用する場合は、光毒性に注意しましょう。

おすすめの記事