プチグレン

プチグレンは、オレンジビターの葉から採れる精油です。花の終わった「ビターオレンジ」の木を刈り込みます。オレンジビターからは、果皮はオレンジビター、花はネロリ、葉はプチグレンと3種の精油が採れます。

レモンやマンダリン、ベルガモットなど、ビターオレンジ以外の葉からも採取されています。それぞれ、「プチグレン・レモン」、「プチグレン・ベルガモット」、「プチグレン・マンダリン」などと呼ばれ区別されることもあります。

プチグレンは昔から、オーディコロンの原料として使用されてきました。

基本情報

  • 学名・・・Citrus aurantium ssp. amara
  • 科名・・・ミカン科
  • 主な産地・・・イタリア、パラグアイ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・使用方法を守れば禁忌はありません。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3
  • 支配星・・・水星
  • 星座・・・双子座
  • チャクラ・・・第3チャクラ(ソーラープレクサス)、第5チャクラ(スロート)

プチグレン精油の主な成分と作用

【主な成分】エステル類が主成分です。

エステル類: 酢酸リナリル(45~55%)、アントラニル酸ジメチル、酢酸ゲラニル、酢酸ネリル

モノテルペンアルコール類: リナロール(20~30%)、α-テルピネオール(4~10%)、ゲラニオール、ネロール

モノテルペン炭化水素類: trans-β-オシメン、β-ピネン、β-ミルセン、リモネン

【主な作用】

健胃、鎮痙攣、血圧降下、神経バランス回復、自律神経調整、抗炎症、抗菌、抗感染、瘢痕形成(創傷治癒)、皮膚組織再生、鎮静、抗うつ、精神安定、精神強化、精神高揚

プチグレン精油の効能

身体への作用

消化不良や胃痛、便秘や下痢など、ストレスや疲労からくる胃腸の不調に働きかけます。血圧を下げる働きをします。

皮膚への作用

皮脂の分泌を調整する働きをします。脂性肌や老化肌に適しています。

精神への作用

中枢神経に作用し自律神経を調整する働きがあります。緊張感や不安感の緩和に役立ちます。

おすすめブレンド

柑橘系や花の精油との相性がいいです。
柑橘系の精油とのブレンドは香りに深みがでます。

プチグレンの主な使い方

芳香浴やボディトリートメント、フェイシャルケア、頭皮ケアに適しています。香水にも使用されています。

プチグレン精油 おすすめの使い方のレシピはこちらから
https://aroma-mary.com/seiyu-puchiguren-recipe

まとめ

高価なネロリと効能が似ていますが、プチグレンはお求めやすい価格です。
鎮静作用が高い精油のため、手元に持っておきたい精油のひとつになりますね♪

プチグレン精油はこちらから

おすすめの記事