リトセア精油の特徴

リトセアは、和名で「アオモジ」と呼ばれています。樹高4~7m程になるクスノキ科の落葉小高木です。レモンに似た辛味のある香りのため、「ショウガノキ」「コショウノキ」とも呼ばれています。

基本情報

  • 学名・・・Litsea cubeba / Litsea citriodora
  • 科名・・・クスノキ科
  • 主な産地・・・中国、ベトナム
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・種子(実)
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため、使用量に注意してください。
  • 香りの分類・・・スパイス系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・不明

リトセア精油の主な成分と作用

【主な成分】

テルペン系アルデヒド類: ゲラニアール(30~45%)、ネラール(25~35%)

モノテルペン炭化水素類: リモネン(5~15%)、サビネン、β-ミルセン、α-ピネン、β-ピネン

モノテルペンアルコール類: リナロール

精油成分の特徴については【精油の化学】まで

【主な作用】

免疫調整、消化促進、抗炎症、抗真菌、殺菌、鎮静、抗うつ、鎮静、催眠、昆虫忌避、精神安定、精神強化

リトセア精油の効能

身体への作用

消化の促進など、消化器系に働きかけます。気管支炎など呼吸器系にも良いとされています。

皮膚への作用

脂性肌に適しています。

精神への作用

活力を向上させます。気持ちをスッキリさせます。

おすすめブレンド

ハーブ系や花の精油との相性がいいです。

リトセアの主な使い方

芳香浴やボディトリートメント、フェイスケアに適しています。

まとめ

レモングラスに似ている香りがします。沈んだ気分を吹き飛ばし、スッキリとさせます。価格も手軽なため、ぜひ持っておきたい精油です。

リトセア精油はこちらから

おすすめの記事