アジョワン

インドで多く栽培されています。インドでは、カレーのスパイスと使用されています。家庭では胃腸薬として利用されています。

基本情報

  • 学名・・・Trachyspermum ammi
  • 科名・・・セリ科
  • 主な産地・・・インド、スペイン、インドネシア
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・種子
  • 注意事項・・・使用量に注意し、広範囲への使用は避けてください。
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・不明

アジョワン精油の主な成分と作用

【主な成分】

モノテルペン炭化水素類: γ-テルピネン(20~50%)、p-サイメン(10~30%)、β-ピネン

フェノール類: チモール(25~55%)

【主な作用】

強壮、免疫刺激、鎮痛、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、抗感染、精神高揚、催淫

アジョワン精油の効能

身体への作用

風邪などの感染症に予防や、呼吸器系の不調に働きかけます。消化器系にも作用します。

皮膚への作用

フェノール類が多く含まれ、刺激があるため、皮膚への使用は避けた方が無難です。

精神への作用

無気力なときや、落ち込んでいるときに、気分を高める働きをします。

おすすめブレンド

柑橘系やスパイス系の精油との相性がいいです。

アジョワンの主な使い方

芳香浴に適しています。

まとめ

アジョワンはタイムに似た香りがします。アーユルヴェーダでは一般的なハーブです。比較的お求めやすい価格ですが、香りが強いため、アロマショップの店頭で見つけたら香りを試してみましょう。

アジョワン精油はこちらから

おすすめの記事