ジンジャー(ショウガ)

ジンジャーは、高さ60~90cmの非耐寒性多年草です。また「ショウガ」の名称で日本人にもおなじみですよね。「ショウガ」は体を温めることでよく知られています。
インドや中国では太古の時代から薬として使用されていました。
精油の採取は、皮のついたままのジンジャーの根茎を乾燥させてから蒸留します。

基本情報

  • 学名・・・Zingiber officinalis
  • 科名・・・ショウガ科
  • 主な産地・・・中国、インドネシア、ベニン、スリランカ、ベトナム、マダガスカル
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・根茎
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため使用量に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・スパイス系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3
  • 五行・・・水、火
  • 支配星・・・火星  
  • 星座・・・牡羊座、さそり座
  • チャクラ・・・第1チャクラ(ベース)、第2チャクラ(セイクラル)、第3チャクラ(ソーラープレクサス)

ジンジャー(ショウガ)精油の主な成分と作用

【主な作用】

セスキテルペン炭化水素類: ジンギベレン(20~40%)、β-セスキフェランドレン(10~15%)、α-クルクメン(3~20%)、α-ビサボレン(微量~10%)、ゲルマクレンD、β-ビサボレン、α-ファルネセン、γ-ムウロレン

モノテルペン炭化水素類: カンフェン(3~15%)、β-フェランドレン(微量~10%)、α-ピネン、リモネン

オキサイド類(酸化物類): 1.8シネオール

【主な作用】

消化促進、駆風、健胃、食欲増進、鎮痙攣、リンパうっ滞、去痰、緩下、蠕動運動促進、バルサミック、精神強化、精神高揚、催淫

ジンジャー(ショウガ)精油の効能

身体への作用

咽頭痛や、風邪の症状の緩和に作用します。、関節炎やリウマチに働きかけます。

皮膚への作用

挫傷(うちみ)や、ただれに作用します。

精神への作用

精神疲労を緩和し、心を温めたり、活力を与える働きをします。

おすすめブレンド

花の精油やハーブ系、柑橘系の精油との相性がいいです。

ジンジャー(ショウガ)の主な使い方

湿布や部分的なボディトリートメントに適しています。

まとめ

ジンジャー(ショウガ)は、身体を温める作用があります。料理や飲み物など幅広く使われていますよね。
ジンジャーは、消化促進や胃腸にやさしいお茶として、幅広く流通しています。ぜひ飲んでみてください♪

ジンジャー精油はこちらから

おすすめの記事