オレガノ

地中海沿岸地方が原産地で、古代より使用されていたハーブです。
オレガノは、古くから興奮剤、駆風薬、神経強壮剤、喘息、消化不良、リウマチ治療薬として利用されてきました。

60㎝前後の背丈の多年草で、薄紫色の可憐な花を咲かせます。地中海料理やメキシコ料理によく使われています。イタリアでは調味料として普及しているハーブです。

オレガノはストローイングハーブの一種にも用いられていました。
ストローイングハーブとは、ヨーロッパでペストなどがまん延した16-17世紀に、殺菌作用のあるハーブを床に敷きました。踏むことで香りを出し、消臭、抗菌、防虫などに利用されました。
ストローとはまき散らすという意味です。

基本情報

  • 学名・・・Origanum compactum
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・モロッコ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・花と茎葉
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため低濃度で使用してください。広範囲に使用しないでください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系、スパイス系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・1

オレガノ精油の主な成分と作用 

【主な成分】フェノール類が多く含まれています。

フェノール類: カルバクロール(20~50%)、チモール(15~25%)

モノテルペン炭化水素類: γ-テルピネン(10~30%)、p-サイメン(10~25%)、α-テルピネン、β-ミルセン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

モノテルペンアルコール類: リナロール

精油成分の特徴などについてはこちらから(精油の化学)
https://aroma-mary.com/chemistry-of-essential-oils/

【主な作用】

抗感染、抗菌、抗真菌、強壮、抗ウイルス、抗寄生虫、精神強化、精神高揚

オレガノ精油の効能

身体への作用

風邪やインフルエンザなどの、感染症の予防に良いとされています。オレガノ単での使用は刺激が強いため、他の精油とブレンドして使用しましょう。

皮膚への作用

刺激が強いため、顔への使用は不向きです。

精神への作用

集中力を高めます。無気力な時に前向きな気持ちにさせてくれます。

おすすめブレンド

ハーブ系やスパイス系、樹木系の精油との相性がいいです。

オレガノの主な使い方

他の精油とブレンドして芳香浴法や、吸入に適しています。

まとめ

オレガノは、別名で「ワールドマージョラム」「花薄荷(ハナハッカ)」と呼ばれています。マージョラムは「スイートマージョラム」と呼ばれています。
オレガノとマージョラムは、成分も違い香りも違います。使用する場合は混同しないように注意しましょう。

オレガノ精油はこちらから

おすすめの記事