レモン

インド北部を原産地とする、樹高6mほどになる常緑木です。ギリシャやローマ時代に栽培され、12世紀にヨーロッパや地中海地域に伝わったとされています。

基本情報

  • 学名・・・Citrus limon
  • 科名・・・ミカン科
  • 主な産地・・・イタリア、スペイン、ブラジル、コートジボワール
  • 抽出方法・・・圧搾法
  • 抽出部位・・・果皮
  • 注意事項・・・光毒性があるため、皮膚に塗布した場合は、最低4~5時間は日光に当たることは避けてください。皮膚刺激があるため、使用量には注意しましょう。
  • 香りの分類・・・柑橘系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・4
  • 五行・・・土、火
  • 支配星・・・太陽、水星(リンパ系にも影響があるので月の要素もあります)
  • 星座・・・獅子座、双子座
  • チャクラ・・・第3チャクラ(ソーラープレクサス)

レモン精油の主な成分と作用

【主な成分】リモネンが多く含まれています。

モノテルペン炭化水素類: d-リモネン(60~75%)、βーピネン(5~15%)、γ-テルピネン(5~10%)、サビネン、α-ピネン、β-ミルセン

脂肪族アルデヒド類: ヘキサナール、ヘプタナール

テルペン系アルデヒド類: ゲラニアール

ラクトン類: フロクマリン類

【主な作用】

結石溶解、消化促進、食欲増進、免疫強壮、健胃、駆風、肝臓強壮、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、殺菌、静脈強壮、精神安定、精神高揚

レモン精油の効能

身体への作用

風邪などの予防に役立ちます。むくみやセルライトの改善に働きかけます。消化の促進を促します。

皮膚への作用

死んだ細胞を取り去る作用があるため、くすんだ肌に働きかけます。敏感肌には向いていません。

精神への作用

集中力や記憶力を高めます。活力アップに役立ちます。

おすすめブレンド

ハーブ系や花の精油との相性がいいです。

レモンの主な使い方

芳香浴や吸入、ボディトリートメントに適しています。掃除にも使用されています。香水にも適しています。

レモン精油 おすすめの使い方のレシピはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-lemon-recipe

まとめ

ジュースや料理に使われるなど、おなじみの柑橘系の植物になります。生活習慣病の予防や美容など、幅広く利用できる精油になります。
手元に置いておきたい精油のひとつです♪

レモン精油はこちらから

おすすめの記事