ロックローズ

別名で「ラブダナム」「シスタス」「シスト」「システ」と呼ばれている低木です。乾燥した土壌で生育し、石の多い土壌でも育ちます。香水業界では「シスト」とも呼ばれています。

基本情報

  • 学名・・・Cistus ladaniferus CT(Pinene)
  • 科名・・・ハンニチバナ科
  • 主な産地・・・フランス、モロッコ、コルシカ島、ポルトガル
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉付き小枝
  • 注意事項・・・使用方法を守れば禁忌はありません
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ベースノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・1

ロックローズ精油の主な成分と作用

【主な成分】

モノテルペン炭化水素類: カンフェン(20~40%)、α-ピネン(5~20%)、トリシクレン(微量~10%)、p-サイメン、β-ピネン

エステル類: 酢酸ボルニル(10~20%)

セスキテルペン炭化水素類: δ-カジネン

モノテルペンアルコール類: ボルネオール

セスキテルペンアルコール類: ビリジフロロール

【主な作用】

抗ウイルス、抗関節炎、免疫調整、自律神経強壮、副交感神経調整、皮膚強壮、収れん、精神安定、精神高揚

ロックローズ精油の効能

身体への作用

風邪などウイルス性の疾患の予防や緩和に役立ちます。関節炎などの炎症に作用します。自律神経を調整する働きがあります。

皮膚への作用

収れん作用があり、脂性肌に適しています。ニキビケア、シワやシミに良いとされています。

精神への作用

ストレスや不安感の緩和に働きかけます。気持ちを落ち着けたり、精神を高揚させる働きをします。

おすすめブレンド

ハーブ系や柑橘系の精油との相性がいいです。

ロックローズの主な使い方

芳香浴やボディトリートメント、フェイスケアに適しています。香水にも使用されます。

まとめ

ロックローズは、スキンケアに向いていることから、化粧品にも使用されています。精油の香りはムスクのような動物的な香りがします。高価格な精油となりますが、手作り化粧品を作るときには、使用してみたい精油のひとつです。

ロックローズ精油はこちらから

おすすめの記事