ラヴィンツァラ

似たような名前で「Ravensara:ラベンサラ」という精油があります。
「ラヴィンツァラ」とは別の精油になります。学名で区別できます。

学名が Cinnamomum camphora(ラヴィンツァラ) は、オキサイド類の
1.8シネオールが多く含まれています。
「ラヴィンサラ」と呼ばれることもあります。

学名が Ravensara aromatica (ラベンサラ)では、モノテルペン炭化水素類のリモネンが多く含まれています。混同しないように注意しましょう。

基本情報

  • 学名・・・Cinnamomum camphora CT(Cineole)
  • 科名・・・クスノキ科
  • 主な産地・・・マダガスカル
  • 抽出方法・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉(葉付き小枝)
  • 注意事項・・・使用方法、使用量を守りましょう。
  • 香りの分類・・・バーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3

ラヴィンツァラ精油の主な成分と作用

【主な成分】1.8シネオールが多く含まれています。

オキサイド類(酸化物類): 1.8シネオール(45~65%)

モノテルペン炭化水素類: サビネン(10~20%)、α-ピネン(微量~5%)、
β-ピネン(微量~5%)、γ-テルピネン、β-ミルセン、リモネン

モノテルペンアルコール類: α-テルピネオール(5~10%)、
テルピネン-4-オール、ボルネオール

【主な作用】
神経強壮、誘眠、鎮痛、去痰、抗カタル、免疫刺激、抗ウイルス、抗感染、抗菌、抗真菌、精神安定、精神強化

ラヴィンツァラ精油の効能

身体への作用

風邪やインフルエンザに働きかけます。免疫力のアップにいいとされています。

皮膚への作用

皮膚への刺激が少ないため、肌に安心して塗布できます。

精神への作用

精神の高ぶりを鎮め、精神の安定に働きかけます。

おすすめブレンド

ほとんどの精油と相性がいいです。

ラヴィンツァラの主な使い方

芳香浴やアロマバス、ボディトリートメントやフェイシャルトリートメントに適しています。

まとめ

ラヴィンツァラは、刺激が少なく、乳幼児や高齢者の使用に適しています。常備したい精油のひとつです。お求めやすい価格でもあるため、ぜひ試してみましょう♪

ラヴィンツァラ精油はこちらから

おすすめの記事