キャリアオイル

キャリアオイルとは

精油を希釈するための植物油のことをいいます。精油は、原液のままでは刺激が強いため、希釈して使用します。キャリアオイルは、アロマトリートメントを行う際のトリートメントオイルや、美容液、香水をつくるときなどに、精油を希釈するのに使用されます。ベースオイル、植物油とも呼ばれています。

ホホバオイル

ホホバオイル

基本情報

  • 学名・・・Simmondsia chinensis
  • 科名・・・ツゲ科
  • 主な産地・・・アメリカ南西部、メキシコ
  • 抽出方法・・・低温圧搾
  • 抽出部位・・・種子
  • 主な成分・・・ワックスエステル

ホホバオイルの特徴

ホホバオイルと呼ばれていますが、液体成分に分類されています。未精製の液体は黄色であり、精製された液体は透明色です。他のキャリアオイルと比べると、熱に強く酸化しにくいという特徴があります。
また、アレルギーの報告が少なく、様々な肌タイプに使用できます。肌に浸透しやすく、保湿力が高いことも特徴です。5度前後で凝固するため、冬場は常温でも固まることがありますが、部屋の温度が上がれば元に戻ります。品質には問題ありません。

スイートアーモンドオイル

スイートアーモンドオイル

基本情報

  • 学名・・・Prunus amygdalus
  • 科名・・・バラ科
  • 主な産地・・・アメリカ、地中海沿岸
  • 抽出方法・・・低温圧搾
  • 抽出部位・・・仁
  • 主な成分・・・オレイン酸、リノール酸

スイートアーモンドオイルの特徴

ビタミンEが豊富に含まれています。肌のかゆみや、軽い炎症に作用します。アーモンド種には、ビターとスイートがあります。ビターは毒性があるため、食用や化粧用として使用されるのは、スイートのみとなります。香りはありますが、精油の香りを消さないため、トリートメントオイルとしてよく利用されているオイルになります。

マカデミアナッツオイル

マカデミアナッツオイル

基本情報

  • 学名・・・Macadamia integrifolia
  • 科名・・・ヤマモガシ科
  • 主な産地・・・ハワイ、オーストラリア
  • 抽出方法・・・低温圧搾
  • 抽出部位・・・種子
  • 主な成分・・・オレイン酸、パルミトレイン酸

マカデミアナッツオイルの特徴

パルミトレイン酸が多く含まれているため、肌を柔軟にしたり、保湿の作用が高いオイルとなります。肌への浸透率もよく、さらりとしていて滑りもよいです。また酸化しにくいため、長持ちするオイルとなります。

まとめ

アロマトリートメントで、よく使用されているキャリアオイルを紹介しました。
スイートアーモンドオイルはお求めやすい価格であるため、初心者でも使用しやすいオイルとなります。
ホホバオイルは、敏感肌の方でも使用しやすいオイルなりますが、他の2つのオイルに比べて価格が高価になります。無臭で、安定性もあるため、アロマトリートメントに適してします。
マカデミアナッツオイルは、皮膚の柔軟性や血管の柔軟性を保つため、アロマトリートメントだけではなく食用として摂取するのもおすすめです。

おすすめの記事