ウインターグリーンの特徴

ウインターグリーンは、ツツジ科の常緑低木で、赤い実をつけます。
和名では「ヒメコウジ」と呼ばれています。

アメリカインディアンはこの植物を薬草として用いていました。
また、アメリカでは独立戦争のころ、ウインターグリーンの葉をお茶の代用品として飲まれていました。
そのため「Tea berry」としても知られています。

メントール系の強い香りが特徴で、交感神経を刺激します。眠気覚ましに最適です。

基本情報

  • 学名・・・ Gaultheria procumbens
  • 科名・・・ツツジ科
  • 主な産地・・・カナダ、中国
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・アスピリンアレルギーの方は使用しないでください。敏感肌の方は使用量に注意しましょう。湿布のような強い香りが残るため、使用量と使用場所に注意してください。
  • 香りの分類・・・スパイス系
  • 香りのノート・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・1
  • チャクラ・・・第6チャクラ(プラウチャクラ/サードアイチャクラ)

ウインターグリーン精油の主な成分と作用

【主な成分】

エステル類: サルチル酸メチル(95~99%)

【主な作用】

鎮痛、鎮痙、抗リウマチ、抗炎症、瘢痕形成、肝臓再生、血管拡張、血圧降下、精神強化、精神高揚

ウインターグリーン精油の効能

身体への作用

筋肉痛やリウマチ、肩こり、関節痛に役立ちます。むくみにも良いとされています。

皮膚への作用

刺激が強いため、顔への使用は不向きです。

精神への作用

他の精油とブレンドすることによって、精神的疲労に働きかけたり、リフレッシュへと導きます。

おすすめブレンド

樹木系の精油や、柑橘系の精油との相性がいいです。
ウインターグリーンは、香りが強いため、少量の使用にすると他の精油とのバランスがとれます。

ウインターグリーンの主な使い方

芳香浴や、局所的なボディトリートメント、湿布に適しています。

まとめ

ウインターグリーンは、湿布の「サロンパス」と同じ成分の「サルチル酸メチル」が主成分です。抗炎症、鎮痛、鎮静作用にすぐれています。
医療品のアスピリンと同じような作用があるため、アスピリンアレルギーの方は、使用しないように注意しましょう。

また日本精油の「水目桜(ミズメザクラ)」も主成分が「サルチル酸メチル」です。
チェックしてみましょう。

ウインターグリーン精油はこちらから

おすすめの記事