ホーウッド

現在、入手しづらくなっているローズウッドと成分が似ているため、代わりにホーウッドが注目されています。和名では「芳樟」といいます。
芳樟(ホウショウ)は樟(クスノキ)の変種です。クスノキからはカンファーという刺激がある成分が含まれていますが、ホウショウはカンファーは、ほとんど含まれていません。
ホーウッドは、カンファーの含有率は低いとされていますが、念のため、妊娠中や、てんかんの方は使用を控えたほうが良いでしょう。

基本情報

  • 学名・・・Cinnamomum camphora CT (Linalool)
  • 科名・・・クスノキ科
  • 主な産地・・・中国
  • 抽出方法・・・木部
  • 抽出部位・・・水蒸気蒸留法
  • 注意事項・・・妊娠中や、てんかんの方は念のために控えましょう。
  • 香りの分類・・・樹木系
  • 香りのノート・・・7
  • ブレンドファクター(BF)・・・トップノート

ホーウッド精油の主な成分と作用

【主な成分】主成分はリナロールです。

モノテルペンアルコール類: リナロール(90~99%)、α-テルピネオール

モノテルペン炭化水素類: α-ピネン、カンフェン、β-ピネン、サビネン、リモネン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

オキサイド類(酸化物類): 1.8シネオール

ケトン類: カンファー

精油成分の特徴などについてはこちらから(精油の化学)
https://aroma-mary.com/chemistry-of-essential-oils/

【主な作用】

強壮作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗ウイルス作用、皮膚再生

ホーウッド精油の効能

身体への作用

呼吸器系に働きかけます。風邪などの感染症予防にも良いとされています。

皮膚への作用

皮膚再生作用があるため、スキンケアに向いています。

精神への作用

不安や緊張の緩和に働きかけ、精神を安定させる方向に導きます。

おすすめブレンド

ハーブ系の精油や花の精油との相性がいいです。

ホーウッドの主な使い方

芳香浴やアロマバス、ボディトリートメントや、フェイシャルトリートメントに適しています。

ホーウッド精油 おすすめの使い方のレシピはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-horwood-recipe/

まとめ

ローズウッドの代用品として、注目されているホーウッドですが、リナロールの含有量がローズウッドと比べて高いのが特徴です。
リナロールは鎮静作用にすぐれているため、リラックス効果が期待できます。
また、抗菌作用が強いのに肌に優しいため、スキンケアにも適しています。ぜひ持っていたい精油のひとつですね♪

ホーウッド精油はこちらから

おすすめの記事