アロマ石鹸(石けん)の作り方

石鹸素材に精油を加えて、簡単に石鹸が作れます。作り方を見ていきましょう。

【基材】:石鹸素材 50g・精製水10ml (足りない時は調整します)

【用具】:ビーカー・ビニール袋・割りばし・型取り(必要に応じて)・マスク(必要に応じて)・使い捨て手袋(必要に応じて)

【精油】:合計10滴
真正ラベンダー 5滴 フランキンセンス 4滴 イランイラン 1滴

真正ラベンダー:皮膚組織再生作用があります。

フランキンセンス:あらゆる肌タイプに合います。

イランイラン:リラックス作用があります。
※イランイランは香りが強いため、使用量に注意してください。入れすぎると、他の精油の香りを消してしまいます。

<使用期限> 作成後は1~2カ月で使い切りましょう。

アロマ石鹸の作成手順

石鹸素材50gを量ります。


ビニール袋に石鹸素材を入れます。
※ビニールに入れる時に、石鹸素材が舞う場合があります。気になる方はマスクをしましょう。


精製水10mlを、石鹸素材が入っているビニール袋に入れます。


精製水10mlを入れたら、ビニールを揉み込み、石鹸素材をまとめます。


ある程度揉み込んだら、ビニール袋に必要な分量の精油を加えます。


精油を加えた後、さらにビニール袋を揉み込みます。
石鹸素材がまとまらない場合は、さらに精製水を5ml~10ml 加えます。


石鹸素材がまとまりました。


ビニール袋から石鹸素材を取り出し、形づくりをします。
※手荒れが気になる場合は、手袋をしましょう。 


石鹸素材を型取りに入れます。型取りを使用しない場合は、自分で好きな形を作りましょう。


型取りに入れたら、一時間位置きます。型取りを使用しない場合は、割りばしの上に置き乾燥させます。


型取りから外した石鹸素材を、割りばしの上に置きます。割りばしを置くことによって、裏面も乾燥しやすくなります。1~2週間程度、乾燥させます。
途中で裏返して、まんべんなく乾燥させてください。
※型取りから石鹸素材を取り出す時には、形が崩れないようにそっと外しましょう。

基材はこちらで確認

まとめ

今回は、石鹸素材を使用する方法で、アロマ石鹸の作り方を紹介しました。火を使用しないため気軽に作れます。作ってみてください♪

おすすめの記事