シアバタークリームの作り方

シアバターでハンドクリームを作りましょう。精油を使用し、希釈濃度1%で作成します。

【基材】:シアバター 20g
※シアバターが固まっている場合は、シアバターを湯煎して、キャリアオイル(ホホバオイルなど)を2~5ml 加えると使いやすくなります。

【用具】:遮光容器・攪拌棒(カラス棒など)

【精油】:カモミールジャーマン 1滴  真正ラベンダー 3滴

カモミールジャーマン:かゆみや炎症に作用します。

真正ラベンダー:皮膚組織再生作用があります。

<使用期限> 遮光容器に入れて冷暗所で保管しましょう。一ヶ月程度で使い切りましょう。

シアバターについての情報はこちらをクリック⇒

キャリアオイル【クリーム基材として使用されるキャリアオイル2選】

作成手順

シアバター20gを量り、容器に入れます。キャリアオイルを加える場合は、容器に入れます。


シアバターが入っている容器に精油を加えます。


シアバターと精油をガラス棒などで混ぜ合わせます。


シアバターと精油を混ぜ合わせました。


完成です。作成日と用途が分かるように、レベルシールを貼ります。

基材の確認はこちら

まとめ

精油を使用したシアバタークリームの作り方を紹介しました。シアバターは皮膚にのせて伸ばすと、スーッと溶けます。手荒れが気になる方は、シアバターをたっぷりつけて、木綿手袋をして寝るといいですよ♪

おすすめの記事