自分好みの香りのヘアスプレーを作りましょう。寝ぐせ直しにも便利ですよ~。

アロマヘアスプレーの作り方

お出かけ前に、髪を整えるのに使用できるヘアスプレーを作りましょう。
ここでは、さっぱりタイプと、しっとりタイプの2種類のへアスプレーを紹介します。

さっぱりタイプのアロマヘアスプレー

50mlサイズで、希釈濃度1%のヘアスプレーを作ります。頭皮が敏感の方は希釈濃度0.5%にしましょう。

【基材】:精製水45ml・無水エタノール5ml  

【用具】:ガラスビーカー・攪拌棒(ガラス棒)・スプレー式の保存容器
     ラベルシール
※ガラス棒の代わりに、箸などでも代用できます。

【精油】: 真正ラベンター・ローズマリー・ティートリー 

真正ラベンダー:抗菌作用があります。
ローズマリー:頭皮の血行促進作用があります。
ティートリー:頭皮のかゆみを抑えます。

  • 希釈濃度1%(合計10滴)
    真正ラベンター 5滴  ローズマリー 3滴    ティートリー 2滴
  • 希釈濃度0.5% (合計5滴) 
    真正ラベンター 2滴  ローズマリー 2滴  ティートリー 1滴

しっとりタイプのアロマヘアスプレー

50mlサイズで、希釈濃度1%のヘアスプレーを作ります。頭皮が敏感の方は希釈濃度0.5%にしましょう。髪のパサつきを整えるために、ホホバオイルを加えます。

【基材】:精製水40ml・無水エタノール5ml・ホホバオイル5ml   

【用具】:ガラスビーカー・攪拌棒(ガラス棒)・スプレー式の保存容器
     ラベルシール
※ガラス棒の代わりに、箸などでも代用できます。

【精油】:お好みの精油を選びます。

<例>  真正ラベンター・ローズマリー・ティートリー 

真正ラベンダー:抗菌作用があります。
ローズマリー:頭皮の血行促進作用があります。
ティートリー:頭皮のかゆみを抑えます。

  • 希釈濃度1%(合計10滴)
    真正ラベンター 5滴  ローズマリー 3滴    ティートリー 2滴
  • 希釈濃度0.5% (合計5滴) 
    真正ラベンター 2滴  ローズマリー 2滴  ティートリー 1滴

作成手順

【さっぱりタイプ】

  • 精製水を、ビーカー(大)に45ml入れます。
  • 無水エタノール5ml・それぞれの精油を、ビーカー(小)に入れて、ガラス棒で混ぜ合わせます。
    ※ビーカーがふたつなければ、ひとつのビーカーにすべての基材を入れても大丈夫です。その場合は、無水エタノールを入れすぎないように注意しましょう。
  • 混ぜ合わせたビーカー(小)を、精製水が入っているビーカー(大)に加えて、ガラス棒で混ぜ合わせます。
  • ビーカー(大)の中身をスプレー容器に移します。
  • 作成日と用途が分かるように、容器にラベルを貼ります。

さらに詳しい作り方はこちらをクリック ⇒ アロマスプレーの作り方

【しっとりタイプ】

  • 精製水を、大のビーカーに40ml入れます。
  • 無水エタノール5ml・ホホバオイル5ml・それぞれの精油を、ビーカー(小)に入れて、ガラス棒で混ぜ合わせます。
    ※ビーカーがふたつなければ、ひとつのビーカーにすべての基材を入れても大丈夫です。その場合は、無水エタノールを入れすぎないように注意しましょう。
  • 混ぜ合わせたビーカー(小)を、精製水が入っているビーカー(大)に加えて、ガラス棒で混ぜ合わせます。
  • ビーカー(大)の中身を容器に移します。
  • 作成日と用途が分かるように、容器にラベルを貼ります。

さらに詳しい作り方はこちらをクリック ⇒ アロマスプレーの作り方

<保存期間> 作成したアロマヘアスプレーは2週間程度で使い切りましょう。直射日光を避けて、冷暗所で保管しましょう。

基材はこちらを確認

まとめ

お出かけ前に髪を整えるときや、髪がまとまらないときに、便利なヘアスプレーになります。簡単に作れますので、試してみてください。

おすすめの記事