アロマスプレーの作り方

アロマスプレーは、ルームスプレー、ヘアスプレーなど様々な用途が考えられます。ここでは基本的な作り方の紹介をします。

【基材】 精製水・無水エタノール・キャリアオイル(必要に応じて)
     精油
※作成するアロマスプレーにより基材に違いがあります。
 キャリアオイルはヘアスプレーの作成時に使用されることもあります。

【用具】 ビーカー(大・小)・攪拌棒(ガラス棒 など)
     スプレー容器・ラベルシール

※ビーカーがひとつしか用意できない場合は、ひとつのビーカーに順番に基材を入れてください。その場合は、基材を入れすぎないように注意してください。

※ガラス棒の代わりに、箸などでも代用できます。

作成手順

ビーカー(大)に、精製水を必要な分量入れます


ビーカー(小)に無水エタノールを、必要な分量入れます。


ビーカー(小)にキャリアオイルを(ここではホホバオイルを入れています)必要な分量入れます。

※キャリアオイルは、必要に応じて使用します。


ビーカー(小)に精油を必要な分量を入れます。


ビーカー(小)を、ガラス棒などで混ぜ合わせます。


混ぜ合わせたビーカー(小)を、精製水が入っているビーカー(大)に加えます


ビーカー(大)をガラス棒などで混ぜ合わせます。


ビーカー(大)の中身をスプレー容器に移します。


完成です。作成日と用途が分かるように、スプレー容器にラベルシールを貼ります。

まとめ(アロマスプレーの種類)

基本的なアロマスプレーの作り方を紹介しました。
アロマスプレーには、ルームスプレー、ヘアスプレー、掃除用のスプレーなど様々な用途があります。
作り方の基本は同じですが、基材に違いがでてきます。(キャリアオイルの有無など)
具体的なアロマクラフトは下記を確認してみてください。

アロマルームスプレーの作り方はこちらから
https://aroma-mary.com/seiyu-lemongrass-recipe/
(レモングラスのレシピにルームスプレーの作り方の記載があります)

アロマヘアスプレーの作り方はこちらから
https://aroma-mary.com/aroma-hair-spray/

おすすめの記事