オポポナックス

オポポナックスは、様々な植物から採取されています。カンラン科のオポポナックスは、ミルラの近縁種の樹木から樹脂を採取して得られる精油です。ミルラと同じカンラン科に属しています。
セリ科のオポポナックスは、根から抽出されます。いくつかの近縁種は一律にオポポナックスと呼ばれています。ここではセリ科のオポポナックスの紹介をします。

基本情報

  • 学名・・・ Opoponax chironium
  • 科名・・・セリ科
  • 主な産地・・・ブラジル、イラン、ソマリア
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・根
  • 注意事項・・・使用方法を守れば禁忌はありません。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップ~ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・不明

オポポナックス精油

【主な成分】

セスキテルペン炭化水素類: サンタレン(15~25%)、β-ビサボレン(10~20%)、α-ベルガモテン(3~10%)、α-セドレン、α-ビサボレン

モノテルペン炭化水素類: trans-β-オシメン(10~30%)

セスキテルペンアルコール類: セドロール

ラクトン類: 芳香族ラクトン類、フタリド類

【主な作用】

腎臓刺激、肝臓刺激、抗炎症、抗菌、精神安定、精神強化、精神高揚

オポポナックス精油の効能

身体への作用

肝臓や腎臓の不調に働きかけます。

皮膚への作用

皮膚の感染症や湿疹に作用します。

精神への作用

不安感の緩和や、心を浄化させる働きをします。

おすすめブレンド

ハーブ系や樹木系、柑橘系の精油との相性がいいです。

オポポナックスの主な使い方

芳香浴や、ボディトリートメントに適しています。香水にも使用されています。

まとめ

オポポナックスは種類が複数あり、近縁種はまとめてオポポナックスと呼ばれています。学名や科名がそれぞれ異なります。オポポナックスは現在は、精油としてよりも、オーデコロンとして出回っています。

おすすめの記事