レモンバーベナ

別名で「コウスイボク(香水木)」「ベルべーヌ」「ボウシュウボク」と呼ばれています。樹高90~120cm程になるクマツヅラ科の半耐寒性低木です。

基本情報

  • 学名・・・Lippia citriodora
  • 科名・・・クマツヅラ科
  • 主な産地・・・フランス・モロッコ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・妊娠中は避けましょう。皮膚刺激があるため、使用量に注意してください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・不明

レモンバーベナ精油の主な成分と作用

【主な成分】

モノテルペン炭化水素類: リモネン(15~30%)、サビネン、trans-β-オシメン

テルペン系アルデヒド類: ゲラニアール(5~15%)、
ネラール(4~15%)

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン(5~10%)、αークルクメン(4~10%)、ゲルマクレンD、ビシクロゲルマクレン

オキサイド類(酸化物類): 1.8シネオール(5~10%)、カリオフィレンエポキシド

モノテルペンアルコール類: α-テルピネオール、ネロール

セスキテルペンアルコール類: スパツレノール

【主な作用】

消化促進、抗炎症、健胃、抗神経痛、誘眠、抗うつ、精神安定、精神強化、精神高揚

レモンバーベナ精油の効能

身体への作用

消化の促進を促すなど胃腸に働きかけます。神経痛に作用します。

皮膚への作用

脂性肌やニキビに良いとされています。敏感肌の方は、皮膚刺激があるため使用量に注意しましょう。

精神への作用

うつやストレスに働きかけます。リラックスやリフレッシュの両方に作用します。

おすすめブレンド

ハーブ系や柑橘系の精油との相性がいいです。

レモンバーベナの主な使い方

芳香浴やボディトリートメントに適しています。香水に使用されています。

まとめ

レモンバーベナの精油はとても高価です。葉はレモンのような香りがします。ハーブティーとしても飲まれています。さわやかな味で、消化促進を促す作用があるため、食後に飲んでみてはいかがでしょうか。

レモンバーベナ精油はこちらから

おすすめの記事