レモングラス

レモングラスの葉は消化促進に良いとされていて、料理やハーブティーとして利用されています。食後のハーブティーとして適しています。
葉は乾燥させたほうが、成分が多く出て風味が増すといわれています。
レモングラスの香りは蚊が嫌うにおいで、虫よけの作用があります。

基本情報

  • 学名・・・ Cymbopogon citratus
  • 科名・・・イネ科
  • 主な産地・・・中国、グアテマラ、インド、ジャワ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・全草(根以外)
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるので、濃度に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・1

レモングラス精油の主な成分と作用

【主な成分】ゲラニアールやネラールが多く含まれています。

テルペン系アルデヒド類: ゲラニアール(40~50%)、ネラール(30~50%)

モノテルペンアルコール類: ゲラニオール(2~10%)

モノテルペン炭化水素類: リモネン(微量~10%)

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

エスエル類: 酢酸ゲラニル

【主な作用】

鎮痛、消化促進、血管拡張、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、抗炎症、昆虫忌避、鎮静、精神安定、精神強化、精神高揚

レモングラス精油の効能

身体への作用

筋肉痛や関節痛、頭痛などの緩和に働きかけます。消化を促進します。

皮膚への作用

水虫のケアに向いています。虫よけスプレーとして役立ちます。

精神への作用

精神疲労に働きかけ、精神を高揚させます。やる気を引き起こさせてくれます。

おすすめブレンド

同じハーブ系の精油や柑橘系、樹木系の精油との相性がいいです。

レモングラスの主な使い方

芳香浴やボディトリートメント、ヘアケアに適しています。
虫よけスプレーや、掃除用のスプレーとしても役立ちます。香水にも利用されています。

レモングラス精油 おすすめの使い方のレシピはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-lemongrass-recipe

まとめ

レモングラス精油は、グリーン調の香りの中にレモンの香りがします。さわやかな香りでリラックスできます。虫よけ効果もあるため、手元にあると便利に使えますよ♪

レモングラス精油はこちらから

おすすめの記事