レモングラス【ハーブティー】

レモングラスは、消化促進を助けるといわれています。食後に飲むのにおすすめです。

レモングラスティーの主な作用

殺菌、抗菌、抗真菌、駆風、血行促進
※駆風作用とは、腸にたまっているガスを排出する作用のことをいいます。

レモングラスティーの効能

血行促進作用があり、肩こりや冷えの緩和に働きかけます。レモンの爽やかな香りがするため、リフレッシュ効果もあります。

レモングラスティーの注意事項

妊娠中は控えましょう。

レモングラスティーはこちらから

ペパーミント【ハーブティー】

へパーミントはスッーとした香りがするハーブです。よく飲まれているハーブティで、料理にも使用されるなど幅広く用いられています。

ペパーミントティーの主な作用

健胃、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、鎮痛

ペパーミントティーの効能

吐き気を緩和する働きをします。消化促進にも役立ちます。花粉症の緩和にも作用します。

ペパーミントティーはこちらから

レモンバーム【ハーブティ】

レモンバームは別名で「メリッサ」と呼ばれています。精油としても流通しています。レモンバーム(メリッサ)は、とても高価な精油になります。
ハーブティーはレモンの香りがして、気分をすっきりとさせてくれます。

レモンバームティーの主な作用

鎮静、消化促進、発汗、利尿、抗ウイルス

レモンバームティーの効能

神経を落ち着かせて、不安感や緊張感を緩和させてくれます。消化を助ける働きをします。

レモンバームティーはこちらから

ジャーマンカモミール【ハーブティー】

ジャーマンカモミールに含まれる「カマズレン」という成分が炎症を抑える働きをします。安眠にも役立つハーブです。

ジャーマンカモミールティーの主な作用

健胃、抗炎症、抗アレルギー、鎮静、抗菌、抗真菌、抗ヒスタミン

ジャーマンカモミールティーの効能

消化促進を助けます。リラックス作用があり安眠に導きます。

ジャーマンカモミールティーの注意事項

妊娠中は控えめにしましょう。キク科アレルギーの方は控えてください。

ジャーマンカモミールティー

ジンジャー【ハーブティー】

別名で「ショウガ」と呼ばれています。日本人にもお馴染みのハーブです。

ジンジャーティーの主な作用

殺菌、健胃、食欲増進、血行促進、発汗

ジンジャーティーの効能

消化促進に働きかけます。夏バテや疲労回復に役立ちます。

ジンジャーティーはこちらから

まとめ

胃腸にやさしい、消化促進に役立つハーブティーを紹介しました。
「どのようにハーブティーを入れて飲んだらいいのか」という疑問がわく方もいますよね。
ハーブティーには様々な入れ方があります。ハーブを抽出して、入れる過程を楽しむ飲み方や、ティーパックなどで手軽に飲む方法もあります。
状況に合わせて入れ方を選んで、ハーブティーを飲む機会を増やしてみてください。

ハーブティーの入れ方・飲み方はこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/simple-herbs-tea/

おすすめの記事