マンダリン

マンダリンの原産地はインドのアッサム地方ですが、雑交などで、変化しながら世界中に伝わったといわれています。常緑低木で、産地や品種が非常に多いです。
中医学では、乾かしたマンダリンオレンジの果皮(陳皮)を治療に使います。

基本情報

  • 学名・・・Citrus reticulate
  • 科名・・・ミカン科
  • 主な産地・・・イタリア、スペイン、アメリカ、アルゼンチン、ブラジル
  • 抽出方法・・・圧搾法
  • 抽出部位・・・果皮
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため、使用量に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・柑橘系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・4
  • 支配星・・・水星  
  • 星座・・・乙女座
  • チャクラ・・・第3チャクラ(ソーラープレクサス)、第4チャクラ(ハート)、第4と第5の間(ハイハート)

※文献によっては、弱い光毒性あると記載されていることもあります。念のため皮膚に塗布した後は、紫外線を避けましょう。

マンダリン精油の主な成分と作用

モノテルペン炭化水素類: d-リモネン(65~90%)、γーテルピネン(5~25%)、α-ピネン、β-ピネン、β-ミルセン

脂肪族アルコール類: オクタノール

エステル類: アントラニル酸ジメチル

脂肪族アルデヒド類: オクタナール、デカナール

【主な作用】

消化促進、駆風、自律神経調整、抗菌、殺菌、鎮静、リラックス(交感神経鎮静)、誘眠、精神安定、精神強化、精神高揚

マンダリン精油の効能

身体への作用

ストレスに起因する胃腸の不調に作用します。不眠にも良いとされています。

皮膚への作用

くすみや乾燥に役立ちます。

精神への作用

交感神経を鎮静させてリラックスに導きます。明るい気分になれます。

おすすめブレンド

花の精油やハーブ系の精油と相性がいいです。

マンダリンの主な使い方

芳香浴やアロマバス、ボディトリートメントやフェイシャルトリートメントに適しています。

まとめ

スイートオレンジより、ミカンに近い優しい香りです。柑橘系の精油はいろいろありますが、好みに合わせて使用しましょう。

マンダリン精油はこちらから

おすすめの記事