カルダモン

カルダモンは、最も古いスパイスのひとつです。インドでは古くから利用されていて、”スパイスの女王”と呼ばれていました。スパイスの中では、刺激が少なく使いやすい精油です。

基本情報

  • 学名・・・Elettaria cardamomum
  • 科名・・・ショウガ科
  • 主な産地・・・グアテマラ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・種子
  • 注意事項・・・敏感肌の方は注意しましょう。乳幼児には使用しないでください。
  • 香りの分類・・・スパイス系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3

カルダモン精油の主な成分と作用

【主な成分】

エステル類: 酢酸テルピニル(35~45%)、酢酸リナリル(5~10%)

オキサイド類(酸化物類): 1.8シネオール(25~35%)

モノテルペン炭化水素類: サビネン・リモネン・β-ミルセン・α-ピネン

モノテルペンアルコール類: リナロール

【主な作用】

鎮痛、珍痙攣、抗カタル、去痰、抗炎症、抗ウイルス、鎮静、精神強化、精神高揚主

カルダモン精油の効能

身体への作用

消化の促進を促す作用があります。呼吸器系の疾患に働きかけます。乗り物酔いにもいいとされています。

皮膚への作用

フェイシャルケアにはあまり用いられませんが、使用時は敏感肌の方は控えましょう。

精神への作用

気分をリフレッシュさせます。活力を向上させます。

おすすめブレンド

ハーブ系や柑橘系の精油との相性がいいです。

カルダモンの主な使い方

芳香浴や湿布、ボディトリートメントに適しています。

まとめ

カルダモンは中近東では、料理に使用したり、コーヒーに入れて飲まれています。サフラン、バニラに続いて高価なスパイスになります。カルダモン精油も、スパイス系の精油の中では比較的高価になります。

おすすめの記事