トゥルーバルサム

トゥルーバルサムは、南アメリカ北部原産のマメ科の高木です。別名で「バルサムトゥルー」とも呼ばれます。バルサムとは、植物から抽出される粘りのある液体のことです。樹木に切り込みを入れて樹液を採取します。花は香りが強く100m程先からでも分かるといわれています。
またバルサムは、地名や樹種名によって「カナダバルサム」や「ペルーバルサム」などと呼ばれます。

基本情報

  • 学名・・・Myroxylon balsamum var. pereirae
  • 科名・・・マメ科
  • 主な産地・・・ペルー、南アメリカ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・樹脂
  • 注意事項・・・ホルモン依存型癌疾患・乳腺症などには、長期間、継続的、広範囲、多量の使用は避けてください。低濃度で使用してください。アレルギー体質の方は、事前にパッチテストをして、問題なければ使用しましょう。
  • 香りの分類・・・樹脂系
  • 香りのノート・・・ベースノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・2

トゥルーバルサム精油の主な成分と作用

【主な成分】

エステル類: 安息香酸ベンジル(45~60%)、ケイ皮酸ベンジル(20~35%)

カルボン酸: ケイ皮酸(シンナム酸)3~10%、 安息香酸(微量~10%)

セスキテルペンアルコール類: ネロリドール

【主な作用】

去痰、抗カタル、抗菌、瘢痕形成、鎮搔痒(かゆみ)、精神安定、精神強化、精神高揚、催淫

トゥルーバルサム精油の効能

身体への作用

呼吸器系に働きかけます。

皮膚への作用

皮膚の炎症に作用します。刺激が強いため使用には注意しましょう。

精神への作用

緊張や不安感を緩和させます。心を落ち着かせる働きがあります。

おすすめブレンド

スパイス系や樹木系の精油との相性がいいです。

トゥルーバルサムの主な使い方

芳香浴や吸入、ボディトリートメントに適しています。香水としても適しています。

まとめ

トゥルーバルサムは、甘く暖かみがありバニラに似た香りです。ベースノートなので、長く香ります。使用時は注意事項を守り、安全に使用しましょう。

トゥルーバルサム精油はこちらから

おすすめの記事