フランキンセンス

フランキンセンスは、別名で「オリバナム」「乳香」とも呼ばれてます。
幹を削ると、乳白色の樹液がにじみでてきます。樹液が固まると黄金色になります。

紀元前3000年の古代エジプト人が、フランキンセンスを輸入していたといわれています。重要な薫香として、
イスラム教やキリスト教では、宗教儀式に多用されてきました。
「新約聖書」のイエスキリストの誕生物語の中で、ミルラとともに、黄金として捧られていました。

基本情報

  • 学名・・・Boswellia carterii
  • 科名・・・カンラン科
  • 主な産地・・・ソマリア、エチオピア、インド、スペイン
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・樹脂
  • 注意事項・・・使用方法を守れば安全に使用できます。
  • 香りの分類・・・樹脂系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3
  • 五行・・・土、金
  • 支配星・・・太陽
  • 星座・・・獅子座
  • チャクラ・・・第5チャクラ(スロート)、第7チャクラ(クラウン)

フランキンセンス精油の主な成分と作用

【主な成分】モノテルペン炭化水素類の含有量が多くなっています。

モノテルペン炭化水素類: αーピネン(25~55%)、リモネン(10~20%)、β-ミルセン(4~10%)、α-ツジェン(微量~20%)、サビネン、p-サイメン、β-ピネン、α-フェランドレン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

【主な作用】

免疫刺激、抗カタル、去痰、抗菌、抗真菌、細胞成長促進、瘢痕形成(創傷治癒)、抗うつ、精神安定、精神強壮、精神高揚

フランキンセンス精油の効能

身体への作用

気管支炎や呼吸器系に働きかけます。免疫力の向上に役立ちます。

皮膚への作用

すべての肌タイプに合います。くすみに働きかけ、皮脂分泌バランスを調整します。

精神への作用

不安を和らげます。瞑想に使用すると、リラックス効果や心のバランスを保つことに役立ちます。

おすすめブレンド

柑橘系やオリエンタル系の精油、スパイス系の精油との相性がいいです。

フランキンセンスの主な使い方

芳香浴や吸入、アロマバス、ボディトリートメントや、フェイシャルトリートメントに適しています。

フランキンセンス精油 おすすめの使い方のレシピはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-frankincense-recipe

まとめ

フェイシャルケアには、人気がある精油になります。クレオパトラが肌のお手入れのために用いたとの説もあります。積極的にフェイシャルケアに取り入れていきましょう♪

フランキンセンス精油はこちらから

おすすめの記事