シトロネラは、セイロン型 と ジャワ型があります。一般的に「シトロネラ」というと、セイロン型のことを示すことが多いですが、学名で判断しましょう。

シトロネラ

別名で「コウスイガヤ」「シトロネラグラス」と呼ばれています。学名が「Cymbopogon nardus」はセイロン型を示します。
シトロネラは、主に熱帯地方に生息しています。レモングラスと同じイネ科の植物で、レモングラスより大型の種になります。シトロネラの香りは、レモングラスに比べてレモンの香りが強いです。
インドネシアなどでは観光地で、シトロネラが ”レモングラス” として売られていることもあります。

基本情報

  • 学名・・・Cymbopogon nardus
  • 科名・・・イネ科
  • 主な産地・・・インドネシア、スリランカ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため使用量に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・2
  • 支配星・・・火星、木星     
  • 星座・・・牡羊座、射手座
  • チャクラ・・・第3チャクラ(ソーラープレクサス)

シトロネラ精油の主な成分と作用

【主な成分】

モノテルペンアルコール類: ゲラニオール(15~30%)、ボルネオール(5~10%)、シトロネロール、α-テルピネオール

モノテルペン炭化水素類: リモネン(5~15%)、カンフェン(5~15%)、α-ピネン、cis-β-オシメン、trans-β-オシメン

エスエル類: 酢酸ゲラニル(2~10%)

フェノールメチルエーテル類: メチルイソオイゲノール(微量~10%)

テルペン系アルデヒド類: シトロネラール(2~10%)

【主な作用】

鎮痙攣、鎮痛、抗菌、抗炎症、抗感染、昆虫忌避、空気洗浄、精神高揚

シトロネラ精油の効能

身体への作用

肩こりや筋肉痛、関節痛に働きかけます。

皮膚への作用

肌に塗布すると、虫よけになります。虫刺され後のケアにも役立ちます。

精神への作用

不安感の緩和や、精神を高揚させる働きがあります。

おすすめブレンド

ハーブ系や柑橘系の精油との相性がいいです。

シトロネラの主な使い方

芳香浴や湿布に適しています。昆虫忌避作用があるため、虫よけスプレーとしての役割もします。

シトロネラ精油はこちらから

シトロネラ・ジャワ

シトロネラのセイロン型とは、含有成分の違いがあります。セイロン型と香りが似ています。セイロン型よりも、シトロネラールの含有量が多いことが特徴です。

基本情報

  • 学名・・・Cymbopogon winterianus
  • 科名・・・イネ科
  • 主な産地・・・ベトナム・インドネシア・ジャワ島・ネパール
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・皮膚刺激があるため使用量に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・2
  • 支配星・・・火星、木星     
  • 星座・・・牡羊座、射手座
  • チャクラ・・・第3チャクラ(ソーラープレクサス)

シトロネラジャワ精油の主な成分と作用

【主な成分】

テルペン系アルデヒド類: シトロネラール(35~50%)

モノテルペンアルコール類: ゲラニオール(15~30%)、シトロネロール(5~15%)

モノテルペン炭化水素類: リモネン

セスキテルペン炭化水素類: β-エレメン、δ-カジネン、ゲルマクレンD

セスキテルペンアルコール類: エレモール

エスエル類: 酢酸ゲラニル・酢酸シトロネリル

【主な作用】

鎮痛、抗感染、抗炎症、抗菌、殺菌、昆虫忌避(蚊)、空気洗浄、リラックス、精神高揚

シトロネラジャワ精油の効能

身体への作用

肩こりや筋肉痛、関節痛に働きかけます。

皮膚への作用

刺激が強いため、使用量に注意が必要です。シトロネラ(セイロン型)と同様に、肌に塗布すると虫よけになります。

精神への作用

不安感の緩和に働きかけます。リラックス作用が期待できます。

おすすめブレンド

ハーブ系や柑橘系の精油との相性がいいです。

シトロネラジャワの主な使い方

芳香浴や湿布に適しています。昆虫忌避作用があるため、虫よけスプレーとしての役割もします。

シトロネラジャワ 精油はこちらから

まとめ

シトロネラは、レモングラスと同じく昆虫忌避作用があるため、蚊よけに役立ちます。価格は、シトロネラの方が高くなります。アロマショップの店頭で、双方の香りを比較して選んでもいいかもしれませんね♪

おすすめの記事