ハッカ(和薄荷)

ハッカ精油は、ペパーミントやスペアミントとは異なり、日本のミントから抽出されます。

基本情報

  • 学名・・・Mentha canadensis var. piperascens
         Mentha arvensis var. piperascens 
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・日本
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中、乳幼児には使用しないでください。高血圧や、てんかんの方も使用を避けてください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・1

ハッカ精油の主な成分と作用

【主な成分】ℓ-メントールが主成分です。

モノテルペンアルコール類: ℓ-メントール(65~85%)

ケトン類: メントン(15~30%)、プレゴン(1~10%)

モノテルペン炭化水素類: リモネン(微量~5%)

【主な作用】

鎮痛、去痰、抗カタル、血圧上昇、消化促進、抗菌、抗真菌、抗炎症、頭脳明晰化、精神高揚

ハッカ精油の効能

身体への作用

消化の促進など、消化器系に働きかけます。呼吸器系にも良いとされています。

皮膚への作用

脂性肌やニキビケア、ヘアケアに適しています。

精神への作用

気持ちをスッキリさせ、不安感の緩和に働きかけます。頭をクリアにします。

おすすめブレンド

ハーブ系や樹木系、柑橘系の精油との相性がいいです。

ハッカの主な使い方

芳香浴やヘアケアに適しています。掃除用のスプレーや、消臭スプレーにも利用されています。

ハッカ精油(和薄荷)はこちらから

ハッカ油とハッカ精油との違い

日本では、薬局などでハッカ油が販売されています。ハッカ精油やペパーミント精油など、精油との違いはどこにあるのでしょうか。

ハッカ油は、多くはハッカ精油(日本のミント)から、水蒸気蒸留法で抽出されます。抽出された精油を冷却すると、結晶が出ます。その結晶を取り除いたものが、ハッカ油になります。
ハッカ油のℓ-メントールの含有量は、3割前後になります。また、ハッカ精油が原料とは限らず、合成や、近縁種の可能性もあります。
ハッカ油は精油と比較して、お求めやすい価格です。特に、掃除用のスプレーとして適しています。

一方、ハッカ精油は、ℓ-メントールの含有量が6~8割含まれています。
また、ペパーミント精油は3~5割のため、他のミントと比較すると、ハッカ精油はℓ-メントールの含有量が高くなっています。

ハッカ油はこちらから

まとめ

ハッカ精油は、日本の精油(和精油)となります。ペパーミントと比較すると、メントールの含有量が高く、より清涼感があります。和精油の取り扱いがあるアロマショップの店頭で、香りを試してみましょう。

おすすめの記事