ヒノキ(檜)

ヒノキは、日本と台湾に分布する樹高30mを超える針葉樹です。ヒノキは古くから建材して用いられてきました。湿気にも強く、神社や寺院の建材として重宝されてきました。

基本情報

  • 学名・・・ Chamaecyparis obtusa
  • 科名・・・ヒノキ科
  • 主な産地・・・日本(飛騨高山)
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・木部/枝部/葉部
  • 注意事項・・・妊娠中は避けてください。
  • 香りの分類・・・樹木系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3

ヒノキの主な成分と作用

【主な作用】

<木部>

モノテルペン炭化水素類: α-ピネン(22%)

セスキテルペン炭化水素類: δ-カジネン(20%)、γ-カジネン(17%)

セスキテルペンアルコール類: カジン-4-エン-10オール(6%)、γ-ムロロール(6%)

<枝葉部>

エステル類: 酢酸テルピニル(20%)、酢酸ボルニル(12%)

モノテルペン炭化水素類: サビネン(18%)、リモネン(15%)、ミルセン(8%)、γ-テルピネン(8%)、α-ピネン(3%)、α-テルピネン(3%)、テルビノレン(2%)、p-シメン(1%)、α-ツジョン(1%)

<葉部>

モノテルペン炭化水素類: サビネン(32%)、リモネン(12%)、ミルセン(7%)、γ-テルピネン(5%)、α-ピネン(3%)

エスエル類: 酢酸テルピニル(21%)、酢酸ボルニル(13%)

スキテルぺン炭化水素類: ツヨプセン(2%)

モノテルペンアルコール類: テルピネン4オール(2%)

【主な作用】

鎮痛、うっ滞除去、抗炎症、消化促進、免疫、体液循環促進、抗菌、抗真菌、精神強壮、鎮静、収れん、防虫

ヒノキ精油の効能

身体への作用

むくみや筋肉痛、関節痛の緩和に働きかけます。

皮膚への作用

収れん作用があるため、脂性肌に適してします。頭皮ケアにも利用されます。

精神への作用

リフレッシュ作用やリラックス作用があります。

おすすめブレンド

ハーブ系や柑橘系の精油との相性がいいです。

ヒノキの主な使い方

芳香浴やアロマバス、手浴や足浴にも適しています。

まとめ

ヒノキは日本人には、なじみのある香りになります。特に高齢者のケアには適していて、足浴や手浴を行うと喜ばれます。芳香浴として、デュフューザーで香りを拡散しても喜ばれます。
高齢者のケアには、使用量に注意しましょう。

ヒノキ精油(木部)はこちらから

ヒノキ精油(枝葉部)はこちらから

ヒノキ精油(葉部)はこちらから

おすすめの記事