ゼラニウムは、高さ1mほどの非耐寒性低木で、よく枝分かれします。
ゼラニウムはたくさんの種類があります。成分は産地や学名によって、多少の違いはありますが、使用方法はほどんと同じです。

別名で「ローズゼラニウム」と呼ばれることもあります。ローズゼラニウムは、ローズと共通する成分を含むため、ローズ精油の代わりとして使用されることもあります。

「ゼラニウム」と呼ばれている品種は「Pelargonium(テンジクアオイ属)」から採油されます。学名がGeranium(フウロソウ属)の植物は、ゼラニウムと同じ「フウロソウ科」であり間違いやすいため、必ず学名を確認しましょう。

ゼラニウムは、ゼラニウムエジプト、ゼラニウムチャイナ、ゼラニウムコルシカ、ゼラニウムブルボンなど、産地名で呼ばれるときもあります。

ゼラニウム・ブルボン

ゼラニウムブルボンは、他のゼラニウムより香りが濃厚なため、ローズの代用として利用されることもあります。

基本情報

  • 学名・・・ Pelargonium asperum 
  • 科名・・・フウロソウ科
  • 主な産地・・・エジプト
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・妊娠中や授乳中は使用を避けましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3
  • 五行・・・水、土
  • 支配星・・・金星
  • 星座・・・牡牛座、天秤座
  • チャクラ・・・第2チャクラ(セイクラル)、第4チャクラ(ハート)

ゼラニウム・ブルボン精油の主な成分

モノテルペンアルコール類: シトロネロール(15~30%)、ゲラニオール(10~20%)、リナロール(3~10%)

エステル類: 蟻酸シトロネリル(5~15%)、蟻酸ゲラニル(3~10%)

セスキテルペン炭化水素類: 6,9-グアイアジエン(5~10%)、β-カリオフィレン

ケトン類: イソメントン(5~10%)

ゼラニウム・ブルボン精油はこちらから

ゼラニウム・エジプト

産地がエジプトのゼラニウムです。

基本情報

  • 学名・・・ Pelargonium asperum 
  • 科名・・・フウロソウ科
  • 主な産地・・・エジプト
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・妊娠中や授乳中は使用を避けましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3
  • 五行・・・水、土
  • 支配星・・・金星
  • 星座・・・牡牛座、天秤座
  • チャクラ・・・第2チャクラ(セイクラル)、第4チャクラ(ハート)

ゼラニウム・エジプト精油の主な成分

モノテルペンアルコール類: シトロネロール(25~40%)、ゲラニオール(10~25%)、リナロール(3~10%)

エステル類: 蟻酸シトロネリル(5~10%)、蟻酸ゲラニル、酪酸シトロネリル

ケトン類: イソメントン(3~10%)

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン、ゲルマクレンD、β-ブルボン

オキサイド類(ローズオキサイド)

ゼラニウム・エジプト精油はこちらから

ゼラニウム・コルシカ

産地がコルシカ島のゼラニウムです。

基本情報

  • 学名・・・ Pelargonium asperum 
  • 科名・・・フウロソウ科
  • 主な産地・・・エジプト
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・妊娠中や授乳中は使用を避けましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3
  • 五行・・・水、土
  • 支配星・・・金星
  • 星座・・・牡牛座、天秤座
  • チャクラ・・・第2チャクラ(セイクラル)、第4チャクラ(ハート)

ゼラニウム・コルシカ精油の主な成分

モノテルペンアルコール類: シトロネロール(20~30%)、ゲラニオール(10~20%)

エステル類: 蟻酸シトロネリル(5~10%)

オキサイド類(酸化物類): cis-ローズオキシド

ケトン類: イソメントン

ゼラニウム・チャイナ

産地が中国のゼラニウムです。

基本情報

  • 学名・・・ Pelargonium asperum 
  • 科名・・・フウロソウ科
  • 主な産地・・・エジプト
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・葉
  • 注意事項・・・妊娠中や授乳中は使用を避けましょう。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・3
  • 五行・・・水、土
  • 支配星・・・金星
  • 星座・・・牡牛座、天秤座
  • チャクラ・・・第2チャクラ(セイクラル)、第4チャクラ(ハート)

ゼラニウム・チャイナ精油の主な成分

モノテルペンアルコール類: シトロネロール(35~45%)、ゲラニオール(5~10%)、リナロール

エステル類: 蟻酸シトロネリル(5~15%)、蟻酸ゲラニル

ケトン類: イソメントン(3~10%)、ℓ-メントン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン、6,9-グアイアジエン

オキサイド類(酸化物類): cis-ローズオキシド

ゼラニウム精油の主な作用(共通)

強壮、鎮痛、鎮痙攣、止血、抗炎症、抗感染、抗菌、抗真菌、ホルモンバランス調整、皮脂分泌調整、収れん、鎮静、昆虫忌避

ゼラニウム精油の効能(共通)

身体への作用

女性ホルモンを調整する作用があるため、PMS(月経前症候群)や生理不順に働きかけます。むくみにも良いとされています。

皮膚への作用

乾燥肌や、しみ、しわ、脂性肌やニキビなど幅広く役立ちます。

精神への作用

精神疲労や情緒の不安に働きかけます。自律神経の調整にも良いといわれています。

おすすめブレンド

樹木系の精油や花の精油との相性がいいです。

ゼラニウムの主な使い方

芳香浴や、アロマバス、ボディトリートメントや、フェイシャルトリートメントに適しています。香水にも使用されています。

まとめ

ゼラニウムは、ローズと共通する成分を含みますが、ローズと比べて安価なため、普段使いしやすい精油です。ぜひ常備しておきましょう♪

おすすめの記事