アロマ重曹バスの作り方

アロマバスの基材の中で、重曹を使用した入浴剤の作り方を紹介します。希釈濃度1%で作ります。
初めての場合は、希釈濃度は0.5%で作りましょう。重曹は掃除用ではなく、食用や食用グレードと記載があるものを使用してください。

分量は一回分です。

【基材】:重曹 50g・精油6滴

【用具】:容器・攪拌棒(ガラス棒など)

【精油】:3~6滴 

(希釈濃度1%) 真正ラベンダー 3滴 ユーカリラディアタ 3滴

(希釈濃度0.5%)真正ラベンダー 2滴 ユーカリラディアタ 1滴

真正ラベンダー:自律神経を調整する作用があります。
ユーカリラディアタ:心を落ち着かせる作用があります。

※一般的な浴槽の湯量(150~200リットル)に対して、精油は1~10滴ほど入れます。香りが強い精油は量に注意します。初めての方や敏感肌の方は6滴以内にしましょう。

<注意事項>:アロマ重曹は、その日のうちに使い切りましょう。

作成手順

  • 重曹50gを量り、容器に入れます。
  • 容器に精油を6滴加えます。(真正ラベンダー3滴・ユーカリ3滴)
  • 容器に入っている重曹と精油を、ガラス棒なとで混ぜ合わせます。
  • 混ぜ合わせたら完成です。浴槽に入れたら、よくかき混ぜて入浴しましょう。

詳しい手順は、下記の記事を参照してください。
アロマ重曹バスの作り方を、画像で説明しています。

基材の確認はこちら

まとめ

重曹アロマバスはバスソルトと同じ作り方です。簡単につくれます。また重曹は、掃除や消臭にも使用できるため、常備しておくと便利ですよ~。

おすすめの記事