ランタナ

別名で「シチヘンゲ(七変化)」と呼ばれています。色とりどりの花を咲かせ、開花期間も長いため、鑑賞用としても楽しめます。

基本情報

  • 学名・・・Lantana camara
  • 科名・・・クマツヅラ科
  • 主な産地・・・マダガスカル
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・花と茎葉
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中、乳幼児、高齢者、てんかん患者には使用しないでください。刺激があるため、長期間、継続的、広範囲での使用は避けてくだざい。低濃度で使用してください。
  • 香りの分類・・・スパイス系
  • 香りのノート・・・ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・不明

ランタナ精油

【主な成分】

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン(10~25%)、α-フムレン(4~10%)、アローアロマデンドレン、ゲルマクレンD、ビシクロゲルマクレン

モノテルペン炭化水素類: サビネン(5~15%)、δ-3-カレン、p-サイメン、α-ピネン、β-ピネン、リモネン

ケトン類: ダバノン(10~25%)

モノテルペンアルコール類: テルピネン-4-オール、リナロール

セスキテルペンアルコール類: スパツレノール、ネロリドール

オキサイド類(酸化物類): 1.8シネオール、カリオフィレンエポキシド

 ランタナ精油の効能

身体への作用

風邪などの予防や呼吸器系の不調に役立ちます。

皮膚への作用

刺激が強いため、フェイスケアには控えたほうが良さそうです。

精神への作用

不安感を緩和させます。

おすすめブレンド

ハーブ系やスパイス系の精油との相性がいいです。

ランタナの主な使い方

芳香浴、吸入、ボディトリートメント(局所)に適しています。

まとめ

ランタナは丈夫で、病気や害虫がつく心配もあまりなく育てやすい植物です。精油としては刺激があるので、使用時は注意を守りましょう。

おすすめの記事