グリセリンソープ(MPソープ)の作り方

簡単に作れるグリセリンソープ(MPソープ)の作り方を紹介します。精油を加えてアロマソープを作ってみましょう。食用色素を加えると色をつけることができます。ドライハーブを加えるとハーブ石鹸が作成できます。

【基材】MPソープの素地・食用色素・ドライハーブ

【用具】電子レンジ・電子レンジ対応の容器・攪拌棒(ガラス棒など)・
    シリコン型

【精油】ゼラニウム 3滴   パルマローザ 2滴

ゼラニウム:皮脂分泌調整作用があります。

パルマローザ:皮膚軟化作用、抗菌作用、抗真菌作用があります。

※MPソープの素地を溶かすために、電子レンジを使用しますが、500Wで10~30秒位が目安です。MPソープの素地の量によって違いますので、少しずつ様子を見ながら使用しましょう。

※電子レンジを使用するときに、容器が熱くなる場合があります。やけどに注意してください。

グリセリンソープ(MPソープ)作成手順

(1)精油を加えてアロマソープを作る。

MPソープの素地を電子レンジで溶かします。


MPソープの素地が溶けました。


溶けたMPソープの素地に精油を加えます。


MPソープの素地と精油をガラス棒などで混ぜ合わせます。


シリコン型にMPソープを流し入れます。


1時間程置きます。


固まったソープをシリコン型から取り出し(右側)、割りばしの上に置き、2~3日乾燥させます。


(2)ソープに色を付ける。ハーブを加える。

MPソープを電子レンジで溶かすところまでは共通です。

溶けたMPソープの素地に、付属のスプーンで食用色素とドライハーブを加える。(ラベンダーのドライハーブを使用しています。)


MPソープの素地とドライハーブ、食用色素をガラス棒などで混ぜ合わせます。


シリコン型にMPソープを流し入れます。


そのまま1時間ほど置きます。


固まったソープをシリコン型から取り出し(左側)、割りばしの上に置き、2~3日乾燥させます。

基材の確認はこちらから

まとめ

MPソープ素地は、電子レンジで溶かすため簡単に作成できます。精油を入れたり、ハーブを入れたり、色をつけたりと様々なバリエーションが考えられます。いろいろ工夫して作成してみましょう。

おすすめの記事